古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

九州北部・中国・四国で梅雨明け 平年より10日前後遅く

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2020/07/30 11:01
九州北部・中国・四国で梅雨明け 平年より10日前後遅く © tenki.jp 提供 九州北部・中国・四国で梅雨明け 平年より10日前後遅く

30日、気象庁は「九州北部(山口県を含む)・中国・四国は、梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

●平年より10日前後遅い 梅雨明け

太平洋高気圧が西へ張り出し、梅雨前線が西から北上したため、30日は、九州北部や中国、四国は、晴れのエリアが広がってきました。

このため、気象庁は「九州北部(山口県を含む)と中国、四国は、梅雨明けしたとみられる」と発表しました。九州北部は平年より11日遅く、昨年より5日遅い梅雨明けです。中国地方は平年より9日遅く、昨年より5日遅い梅雨明けです。四国は平年より12日遅く、昨年より5日遅い梅雨明けです。

また、統計開始以来、九州北部は5番目に遅く、中国地方は1982年に並んで4番目に遅く、四国は2009年に並んで3番目に遅い梅雨明けとなりました。

九州北部や中国、四国は、この先、夏空の続く所が多いでしょう。さらに、8月5日頃にかけては、高温が予想されています。熱中症に、十分ご注意ください。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、梅雨入りの発表は速報値で、春から夏にかけての天候経過を考慮して再検討され、見直されることがあります。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon