古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今週前半 九州~関東 大雨の恐れ

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/06/17 18:35 国内
今週前半 九州~関東 大雨の恐れ © tenki.jp 提供 今週前半 九州~関東 大雨の恐れ

今週は九州から関東で大雨の恐れ。月曜にかけて、台風6号から変わった低気圧が本州の南の海上を進み、水曜から木曜は梅雨前線の活動が活発化する予想です。

●台風から変わった低気圧

沖縄に記録的な大雨をもたらした台風6号は17日午前9時に温帯低気圧に変わりました。この低気圧が18日(月)にかけて本州の南を進むでしょう。九州から近畿の太平洋側は18日(月)の午前中を中心に雨で、激しく降る所もありそうです。東海は夕方まで雨、関東も昼ごろから次第に雨が降りだすでしょう。沿岸部を中心に雨脚が強まる所もありそうです。大きめの傘があると良いでしょう。低気圧が近くを通る伊豆諸島では非常に激しい雨の降る恐れもあり警戒が必要です。

●梅雨前線活発化

20日(水)から21日(木)にかけて、梅雨前線が本州付近まで北上するでしょう。九州から東北にかけて広く雨が降りそうです。暖かく湿った空気が流れ込むため、梅雨前線の活動が活発化するでしょう。九州から近畿を中心に活発な雨雲が次々とかかり、大雨となる恐れがあります。東海や関東も雨脚が強まり、雨量の多くなる可能性があります。

先週末は台風6号や梅雨前線の影響で沖縄で記録的な大雨となりましたが、今週は元台風6号や梅雨前線の北上に伴い、西日本や東日本で大雨となる恐れがあります。最新の気象情報に注意して下さい。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon