古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北日本では北海道を中心に暴風雪や大雪に警戒

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2019/01/24 07:44 気象予報士・青山 竜
24日午前3時の天気図と衛星画像。 © ウェザーマップ 24日午前3時の天気図と衛星画像。

 北海道付近にある2つの低気圧の影響で気圧の傾きが大きく、北海道を中心に北日本では雪を伴って非常に強い風が吹く予想です。夜遅くにかけて猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒が必要です。特に、北海道のオホーツク海側ではドカ雪のおそれもあり、12時間で50センチの降雪量が予想されています。ホワイトアウトになる危険性があります。不要不急の外出は控えた方が良いでしょう。
 東日本や西日本では、北陸や山間部を中心に雪の降る所がありますが、平野部では晴れる所が多くなるでしょう。太平洋側を中心に空気の乾燥した状態が続きますので、火の取り扱いにはお気を付け下さい。
 日中の気温はきのうより低く、全国的に北風が強まりそうなので、体感はグッと寒くなりそうです。風を通しにくい服装で暖かくしてお過ごしください。

(気象予報士・青山 竜)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon