古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北海道 雨は次第に雪へと変わる

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/11/16 11:55 国内
北海道 雨は次第に雪へと変わる © tenki.jp 提供 北海道 雨は次第に雪へと変わる

今夜は大気の状態が不安定で落雷や急な雨に注意が必要です。しかし日付けの変わる頃からは上空に強い寒気が流れ込み急に寒くなるでしょう。このため日本海側では雨が次第に雪に変わり、内陸では週末にかけて平地でも積雪状態となる所があるでしょう。札幌からもようやく雪の便りが届けられそうです。

●今夜は落雷など不安定な天気に注意。

北海道付近には、衛星画像でも見られるサハリン付近から南西に連なる白い雲、寒冷前線が近づいています。この前線が通過する際は大気の状態が不安定となるでしょう。

夕方からは道北や道央で雨が降り出し、夜には道南方面も雨となる見込みです。雨は雷を伴って降り方が強まる恐れがあります。また、落雷や突風、ひょうなど、天気の急な変化にも十分な注意が必要です。

前線に伴う活発な雨雲は西から東へ移動しますので、西側の空に稲光が見えたり急に風が強まった時は、雷雲が近づいている可能性があります。そんな時は外出を避け、屋外にいる際は早めに建物の中へ避難するなど対策を心がけましょう。

●日付けが変わると…

そして前線が通過した後は、北海道の上空1500m付近には12月中旬並みの、この時期としては強い寒気が流れ込みます。

この影響で、日本海側の地方では日付の変わる頃から次第に雪にかわります。その後18日(日)にかけて山沿いを中心に雪が続き、内陸では平地でも積雪状態となる所がありそうです。朝晩を中心に積雪や路面の凍結など、路面状況の変化には十分な注意が必要です。

札幌も気温が下がる17日早朝にかけては雨に雪がまじる見込みです。記録的な遅さとなっていた札幌でも、ようやく雪の便りを届けられそうです。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon