古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

台風 30メートル以上の風エリア 停電や交通障害も

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/10/08 16:38
台風 30メートル以上の風エリア 停電や交通障害も © Japan Weather Association 提供 台風 30メートル以上の風エリア 停電や交通障害も

台風19号が3連休に直撃の恐れ。台風が日本に影響している間に最大瞬間風速が30m/s以上となる確率をエリア別に示しました。

●大型で猛烈な台風19号の進路

大型で猛烈な台風19号はマリアナ諸島を北西へ進んでいます。10日(木)までは猛烈な勢力を維持するでしょう。その後、発達のピークは越えるものの11日(金)には非常に強い勢力で日本の南に進んでくる予想です。その後も勢力をあまり落とさずに、予報円の中心を進めば、12日(土)の午後から13日(日)にかけて関東や東海に接近、上陸の恐れがあります。まだ接近時の予報円はやや大きいため、予報円の西側を進めば近畿に、東側を進めば伊豆諸島に近づく恐れもあります。

●停電や交通障害の恐れ

上の図は台風が日本に影響している間に最大瞬間風速が30m/s以上となる確率をエリア別に示したものです(7日21時に計算)。この図の通り、今のところ最も確率が高いのが関東や東海、近畿、四国です。このような風が吹くと、停電や交通機関が大きく乱れる可能性があります。台風が予報円の中心を進む場合、12日(土)の日中には四国や近畿で、12日(土)の夜には東海や関東でもこのような風が高い確率で吹く予想です。13日(日)の午前中にかけて警戒が必要です。13日(日)の午後は東北でも風が強まるでしょう。

台風の接近時には風に加えて、雨も強まり、大雨の恐れもあります。大荒れの天気に備えて、早め早めの対策をなさって下さい。今のうちにハザードマップの確認、非常食や飲料水の準備、停電に備え、懐中電灯やスマートフォンの携帯用の充電器などを準備しておくと良いでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon