古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

平成最後の寒気団 GW初日を直撃! 関東でも雪か

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/04/24 16:33
平成最後の寒気団 GW初日を直撃! 関東でも雪か © Japan Weather Association 提供 平成最後の寒気団 GW初日を直撃! 関東でも雪か

GWが迫り、心躍らせている方も多くいらっしゃるかと思いますが、ここへきて初日の予報に異変が!なんと桜前線が北上中の北海道や東北に雪のマークがつきました。GW初日に何が起こるのか?詳しく見ていきます。

●上空1500m付近には冬の空気

連休初日の27日土曜日。日本付近の上空1500m付近の予想を見ると平地で雪となる目安の-6度以下の空気が北海道の大部分を覆います。また、山で雪となる目安の-3度以下の空気が東北から近畿、中国地方にかけて南下します。このため、北海道では広範囲で雪、東北から近畿にかけての標高1000m以上の高地でも季節外れの雪になる可能性があります。

●GW初日(27日) 全国の天気

大型連休初日の土曜日。雪マークがつくのが、北海道のオホーツク海側です。昼間の気温もかなり低く、降った雪がそのまま積もる可能性があります。東北でも桜が満開を迎えている青森県弘前市では午前を中心に雪が降るとみられます。平成最後の桜は雪とコラボするかもしれませんね。そして、関東でも指折りの温泉地として大勢の観光客が訪れる群馬県の草津町も早い時間帯は雪が降る予想です。このように関東甲信、東海、北陸の標高1000m以上の高地では雪の降ることもありそうです。登山などを予定している方は、当日の天候をこまめに確認して下さい。そのほか東京から鹿児島、那覇では日中は日差しがある見込みです。ただ、日差しがあっても上空には冷たい空気が入っていますので、空気はヒンヤリと感じられそうです。行楽には羽織る物がある良いでしょう。

なお、大型連休の天気予報はtenki.jp の「GW(ゴールデンウィーク)の天気 2019」で随時、更新されます。お出かけ前の情報としてご活用下さい。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon