古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

月曜朝はヒンヤリ 鳥取で初霜・初氷の観測も

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/12/16 10:47
月曜朝はヒンヤリ 鳥取で初霜・初氷の観測も © tenki.jp 提供 月曜朝はヒンヤリ 鳥取で初霜・初氷の観測も

今朝は全国で冷え込んだところが多くなり、全国のアメダス6割近くの地点で冬日に。鳥取では初霜や初氷の観測もありました。

●各地ヒンヤリ アメダスの6割近くで冬日に

今朝は高気圧が日本列島を覆い、本州付近は晴れた所が多くなりました。雲がなかった分、放射冷却もよく効き、各地で気温がぐっと下がりヒンヤリとした朝を迎えました。

全国のアメダスの6割近い地点で今朝の最低気温が氷点下となり、冬日になりました。

全国で一番気温が低くなったのは北海道上川地方の占冠村(しむかっぷむら)で-17.4℃に。

その他の地点でも、宮城県仙台市で-1.9℃、茨城県水戸市で-1.1℃、東京都青梅市で-1.2℃、山梨県甲府市で-1.1℃など、各地今シーズン一番の冷え込みとなりました。

●鳥取で初霜や初氷の便りも

この冷え込みの影響で、鳥取県鳥取市では初霜と初氷の観測がありました。

初霜 平年より12日遅く、昨年より5日遅い

初氷 平年より6日遅く、昨年より7日遅い

西日本でも徐々に初霜、初氷の便りが届いています。

ゆっくりですが、季節の進みを感じられそうですね。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon