古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

東京都心や仙台で6日ぶりに20℃超 九州や四国では夏日 朝との気温差大

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2020/10/20 16:15
東京都心や仙台で6日ぶりに20℃超 九州や四国では夏日 朝との気温差大 © tenki.jp 提供 東京都心や仙台で6日ぶりに20℃超 九州や四国では夏日 朝との気温差大

今日20日は全国的に日差しが届き、昨日よりも気温が高くなった所が多くなりました。九州や四国では夏日の所もあり、朝との気温差が大きくなった所が多くありました。

●全国的にポカポカ陽気に 朝との気温差大

昨日19日は広く雲に覆われて日中の気温が15℃前後と肌寒く感じられた地域が多かったのに対し、今日20日の日本付近は、広く高気圧に覆われて晴れて日差しの届いた所が多く、気温も上昇し、過ごしやすい一日となりました。

午後3時までの最高気温は、熊本市で26.3℃、高知市で25.1℃など、九州や四国では夏日に。その他の主要地点でも、福岡市で23.9℃、大阪で23.6℃、名古屋で22.6℃、東京都心で21.0℃、仙台で21.2℃など、九州から東北南部の広い範囲で20℃以上になりました。名古屋は4日ぶり、東京都心と仙台は6日ぶりに20℃を超えました。

一方で、今朝はぐっと気温が下がり、今シーズン一番の冷え込みになった地点も多くありましたので、朝との気温差が10℃以上になった所も多くなりました。

●寒暖差激しい日が続く 服装に注意して

この先も朝晩と日中の寒暖差が大きくなる日が多くなります。調節のしやすい服装を心掛けるようにしましょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon