古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

西・東日本ではあすにかけて大雨に警戒

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2020/06/30 11:09 気象予報士・佐藤 温子
1日(水)夜までの36時間予想降水量 © ウェザーマップ 1日(水)夜までの36時間予想降水量

30日(火)は日本付近の前線や低気圧の影響で全国的に雨の降りやすい天気となっています。特に西・東日本の太平洋側を中心に局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、風も強まって荒れた天気となる見込みです。関東も午後は本降りの雨となるでしょう。

また、1日(水)は前線近傍となる近畿南部で明け方まで激しい雨の降る所があり、前線が停滞する東海や関東甲信でも局地的に激しい雨が降り、総雨量が多くなる見込みです。東海では静岡を中心に、1日夜にかけての36時間の総雨量が300~400ミリ程度とかなり多くなる所があるでしょう。西・東日本では1日にかけて大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒をし、落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意ください。

(気象予報士・佐藤 温子)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon