古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

近畿 次に天気が大きく崩れるのは月曜日

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/11/16 12:27 国内

近畿地方は、17日土曜日の天気の崩れは北部が中心で、18日の日曜日は晴れ間が出るでしょう。次に天気が大きく崩れるのは、19日の月曜日になる見込みです。

●金曜日は次第に雲が広がる

近畿地方は、16日の金曜日は次第に雲が広がる見込みです。九州付近に広がる雨雲は、このあと西日本の南の海上へと進むため、近畿地方にはかからない予想です。ただ、西から気圧の谷が近づくため、午後は次第に雲が広がってくるでしょう。

●土曜日の天気の崩れは北部が中心

近畿 次に天気が大きく崩れるのは月曜日 © tenki.jp 提供 近畿 次に天気が大きく崩れるのは月曜日

17日の土曜日は、寒冷前線が本州を通過したあと寒気が流れ込むため、北部では雨が降るでしょう。南部では、西日本の南の海上を東進する低気圧の影響で、午前中を中心に雨の降る所がありますが、中部では雲が多いながらも天気はもちそうです。

●日曜日は天気がもちなおす

18日の日曜日は、移動性高気圧が日本海に進んでくるため、一旦天気はもちなおす見込みです。北部も含め、晴れ間が出るでしょう。しかし天気の移り変わりは早く、夜には曇り空に変わる見込みです。

●月曜日は広く雨

19日の月曜日は、低気圧や前線の影響で、広く雨が降るでしょう。南から湿った空気が流れ込むため、まとまった雨になる見込みです。この雨の後に寒気が流れ込むため、来週は風が冷たく感じる日もあるでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon