古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

週末センター試験 雪や雨で交通への影響は

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/01/18 16:04 国内

19日と20日は大学入試センター試験が実施されます。19日は雪やふぶきの所がありそう。20日は西日本で雨も。万全の準備をして試験に臨みましょう。

●19日は雪やふぶきも、交通機関への影響に注意

19日(土)は、北日本を中心に冬型の気圧配置が続きます。北海道や東北の日本海側では、昼頃にかけて風の強い状態が続いたり、雪が降ってふぶく所があるでしょう。次第におさまってきますが、試験会場に向かう朝には、まだ交通機関に影響が出ている可能性もあります。最新の情報を確認し、時間に余裕を持ってお出かけください。北陸も朝晩は雨や雪の降る所があるでしょう。雨具を準備し、足元に気を付けて会場に向かいましょう。北海道や東北の太平洋側と関東から西の各地は大体晴れて風もおさまりそうです。朝は冷える所もありますが、最高気温は3月並みの所もあって、厳しい寒さは緩むでしょう。暖房の効いた試験会場で快適に過ごせるように、脱ぎ着をして調節できる服装を選ぶと良さそうです。

週末センター試験 雪や雨で交通への影響は © tenki.jp 提供 週末センター試験 雪や雨で交通への影響は

●20日は西から雨、日本海側では雪

20日(日)は、日本海に低気圧が進み、西から気圧の谷が近づく見込みです。北海道や東北は、日本海側を中心にふたたび雪が降りだして、風も強まってくるでしょう。試験が終わって帰宅する頃になるとふぶいて見通しの悪くなる所もありそうです。二十四節気の「大寒」らしく昼間も厳しい寒さです。しっかりと暖かくしてお出かけください。北陸も雲に覆われて次第に雪や雨が降りますので、足元に気を付けましょう。関東と東海は大体晴れて空気の乾燥した状態が続きます。引き続きマスクをするなどして体調管理をしましょう。近畿から九州は雲に覆われて、所々で雨が降る見込みです。関東から西の最高気温は高めの状態が続くため、日本海側の各地も雪ではなく雨でしょう。試験会場に向かう際に降っていなくても、雨具を持って行った方がよさそうです。沖縄は晴れ間があるでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon