古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

週間 金曜日にまた低気圧 土曜日まで影響

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2020/01/15 12:15
週間 金曜日にまた低気圧 土曜日まで影響 © tenki.jp 提供 週間 金曜日にまた低気圧 土曜日まで影響

この先も冬型の気圧配置は長く続かず、17日(金)は再び本州の南を低気圧が通過。18日(土)はセンター試験の初日ですが、東海や関東は家を出る時間に雨の可能性も。

●あす 太平洋側もすっきりしない

あす(16日)は、冬型の気圧配置が緩み高気圧に覆われますが、あっという間に離れていきます。夜には大陸からのびる前線上に、低気圧が発生するでしょう。

九州から北海道の日本海側は雲が多く、朝晩を中心に所々で雪や雨が降りそうです。

また九州から関東の太平洋側も、湿った空気や気圧の谷の影響で雲が広がりやすいでしょう。日差しが少ないため気温の上がり方は鈍く、冷たい空気に包まれそうです。

雨が降りだすのは九州南部と沖縄。沖縄は昼ごろから、九州南部は夕方から雨が降るでしょう。

●気になる週末は

この先も、たびたび低気圧が日本付近を通過します。気温は高めの傾向で、大寒の20日(月)頃からは中国、四国から東北で、22日(水)頃からは沖縄、奄美、九州で、平年よりも気温がかなり高くなりそうです。

17日(金)は本州の南を低気圧が通過し、九州から関東の太平洋側は所々で雨。雨が降るのは海上が中心で、内陸まで雨雲が広がることはなさそうです。

週末はセンター試験がありますが、東海や関東は18日(土)の午前中は沿岸部を中心に雨が降りそうです。上空には冷たい空気が流れ込むため、雪のまじる可能性があります。雪になったとしても降る量は少なく、積もることはない見込みです。一方、北陸は雨、東北と北海道の日本海側は雪の降る所があるでしょう。受験生の皆さんは時間に余裕をもって、お出かけ下さい。19日(日)は低気圧が日本海に進むため、日本海側を中心に雲が広がりやすいでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon