古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

週間 金曜日まで冬型継続 寒さも雪も続く

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/12/03 11:49
週間 金曜日まで冬型継続 寒さも雪も続く © tenki.jp 提供 週間 金曜日まで冬型継続 寒さも雪も続く

6日(金)にかけて冬型の気圧配置が続き、寒気が居座るでしょう。北海道と東北は日本海側を中心に雪が降り、全国的に冬らしい寒さが続きそうです

●あす 冷たい風が吹きつける

あす(4日)も冬型の気圧配置が続き、北日本を中心に風が強いでしょう。

【日本海側】北海道と東北は、あすも発達した雪雲が次々と流れ込むでしょう。大雪になる所がありそうです。非常に強い風が吹くため、猛ふぶきにも警戒が必要です。北陸は断続的に雨や雪が降り、雷を伴って降り方が強まることもありそうです。平地でも雪が降るような寒気が流れ込む山陰も雪の降る所があり、山地を中心に積雪となるおそれがあります。

【太平洋側】おおむね晴れるでしょう。風が強いため、太平洋側の一部にも雪雲や雨雲が流れ込みそうです。北海道の東部や東北は昼頃まで雪の降る所があるでしょう。東海や近畿もにわか雨に注意して下さい。関東甲信の山は雪になる所が多く、車で峠超えをされる方は、いつも以上に慎重な運転を心がけて下さい。

●土曜日は天気に変化

寒気の流れ込みに強弱はありますが、来週のはじめにかけて日本列島は、冬らしい冷たい空気に包まれます。暖かい鍋などが恋しい時期になりそうです。

6日(金)にかけて冬型の気圧配置が続きます。日本海側は雲が多く、雪や雨が降るでしょう。北海道と東北の雪の降り方は少し弱まりますが、断続的に雪が降りそうです。一方、太平洋側は晴れて、乾いた空気に包まれるでしょう。インフルエンザや風邪予防のためにも手洗いやうがいをしっかりして下さい。沖縄は曇りや雨のぐずついた天気でしょう。

7日(土)は日本付近は気圧の谷となり、太平洋側も雲が増えるでしょう。九州から関東の太平洋側では雨の降る所がありそうです。グッと冷たい空気を引き込んで、都心は最高気温が10度に届かない見込みです。万全の防寒対策が必要でしょう。

8日(日)一時的ですが、冬型の気圧配置となりそうです。北海道の日本海側は雪、北陸はしぐれるでしょう。

9日(月)は沖縄や九州から関東、北陸は晴れるでしょう。北陸は貴重な晴れ間になるかもしれません。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon