古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

雨が秋を連れてくる 関東や東海は10月上旬並みのところも

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2018/09/14 07:36 気象予報士・染井 明希子
14日の天気予報。 © ウェザーマップ 14日の天気予報。

きょうは、北海道や東北では昼頃から晴れ間が出る見通しですが、東日本や西日本は雨が降ったり止んだりとなりそうです。そして、関東や東海は雨の降っている時間が長いこともあって、朝からほとんど気温が上がりません。日中も23~24度で、10月上旬並みの気温となりそうです。

今週の日本列島は秋雨前線一色ですが、フィリピンでは台風22号の脅威が迫っています。午前6時現在、「大型」で「猛烈な」台風にまで発達している台風22号は、日本時間であすの未明から明け方にかけて、フィリピン北部のルソン島に、中心気圧905ヘクトパスカルで「猛烈な」勢力を保ったまま上陸するおそれがあります。中心気圧が905ヘクトパスカルまで下がった台風は今年初めてで、今年最も発達した台風が、最も発達したまま上陸するかもしれないという恐ろしい事態です。

(気象予報士・染井 明希子)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon