古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

21日 北は冬の嵐 東・西は乾燥注意

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/01/21 06:44 国内

北日本は引き続き、大雪や暴風雪に警戒が必要です。東日本から西日本は、太平洋側を中心に乾燥した晴れに。ただ、きのうよりも寒くなり、風邪やインフルエンザ対策が欠かせません。

●きょうの天気(北日本) 暴風雪に警戒

きょう21日(月)も、日本付近は冬型の気圧配置が続きます。北日本の上空を強い寒気が通過中で、日本海側では昼頃にかけて大雪やふぶき、なだれや落雷に注意が必要です。なお、沿岸部だけでなく、陸上でも瞬間的に30メートル程度の強い風の吹くことがありそうです。暴風にも警戒が必要です。また、太平洋側は晴れ間の出る所があるものの、山沿いを中心に雪雲がかかるでしょう。

●きょうの天気(東日本から西日本・沖縄) 広く晴れる

21日 北は冬の嵐 東・西は乾燥注意 © tenki.jp 提供 21日 北は冬の嵐 東・西は乾燥注意

広い範囲で、おおむね晴れる見込みです。空気が乾燥するため、体調管理にお気を付け下さい。また、風の強まる所もあるでしょう。空気が乾いた状態のなか、強い風が吹くと火災や延焼のリスクが高まります。火の元には十分にご注意下さい。なお、北陸は雪や雨で雷を伴う所もありますが、その範囲は徐々に狭まる見込みです。沖縄は雲が多く、所々で雨が降るでしょう。

●きょうの気温 きのうより下がる所多く

最高気温は、那覇で18度の予想です。きのうより6度低いでしょう。鹿児島は12度、福岡は11度で、平年並みに戻りそうです。高知は14度、広島は12度、松江では10度の予想です。大阪も10度、名古屋は9度、東京は10度、金沢は6度、新潟は5度、仙台は4度と、きのうと同じくらいか低くなるでしょう。秋田は1度、札幌は氷点下3度で、厳しい寒さが続きそうです。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon