古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

21日 関東、東北中心に若葉寒

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2020/05/21 06:30
21日 関東、東北中心に若葉寒 © tenki.jp 提供 21日 関東、東北中心に若葉寒

きょう21日は、全国的に気温が上がりにくい見込み。関東や北陸、東北を中心に雲が多く、色鮮やかな新緑に肌寒い風が吹きわたりそう。沖縄は梅雨空が戻る。

●きょうの天気 青空と曇り空のミルフィーユ

【気圧配置】

きょう21日(木)は、オホーツク海の高気圧が本州付近に張り出し、この時期としては、冷涼な空気を伴った低気圧が⽇本海に停滞する見込みです。東シナ海の移動性高気圧は日本海に向けて進むでしょう。沖縄付近の梅雨前線は、きのうは小休止でしたが、きょうは目を覚まして活動を徐々に活発にします。

【各地の天気】

沖縄・奄美では、きょうからあす(22日)にかけて雷を伴うことや激しい雨の降る所があり、大雨になる所があるでしょう。低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風が発生するかもしれません。海上では、波の高くなる所があり、特に先島諸島では、高波に注意が必要です。

九州から四国と中国地方の山陽側では、朝のうち雲の多い所がありますが次第に晴れるでしょう。日中は強い⽇差しが降り注ぎそうです。外に出る際は、紫外線対策が欠かせません。帽子や日傘、サングラスなどで、お肌をガードしましょう。中国地⽅の山陰側と近畿北部は雲が多く、昼頃まで⾬の降ることがあるでしょう。近畿地方の中部と南部、東海では、晴れ間がありますが、雲が広がりやすいでしょう。夜は静岡県内で雨の降る所がありそうです。関東甲信や北陸と東北は、朝晩を中⼼に⾬が降り、雨がやんでいても雲が多い天気でしょう。北海道は、日中は晴れる所が多いでしょう。午前中や夜は霧がかかる所がありそうです。

●きょうの気温 全国的に低め 関東や東北は若葉寒

オホーツク海高気圧からの冷たい空気と冷涼な空気を伴った低気圧のダブルパンチで、北海道の太平洋側と東北や関東を中心に気温が低いでしょう。北海道では道東を中心に日中でも10度を下回る予想です。道南や東北でも15度未満の所が多く、きのう9.5度までしか上がらなかった仙台も肌寒さが続きそうです。関東は15度を少し上回るくらいの気温で、4月並みの所が多いでしょう。関東や東北の野山は新緑シーズンですが、文字通りの若葉寒です。東海や北陸、近畿から中国地方では、20度前後の所が多いでしょう。こちらも平年の気温には届きそうにありません。四国や九州北部は22度前後の所が多いでしょう。平年並みか低めですが、日差しがあって過ごしやすい陽気になりそうです。九州南部から沖縄では25度を超えて夏日になる所がありそうですが、こちらの各地も、上がっても平年並みでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon