古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

25日 四国~東海は「激しい雨」 北日本は元台風の影響で大雨のおそれ

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2020/09/24 16:26
25日 四国~東海は「激しい雨」 北日本は元台風の影響で大雨のおそれ © tenki.jp 提供 25日 四国~東海は「激しい雨」 北日本は元台風の影響で大雨のおそれ

あす25日は、台風12号から変わった温帯低気圧の影響で北日本の太平洋側で大雨のおそれがあります。一方、四国から東海では別の低気圧の影響で局地的に「激しい雨」が降るでしょう。雨量が多くなると予想される地域をまとめました。

●25日 日本各地で雨

あす(25日)にかけて、日本付近には雨を降らせる原因が多くあります。まず、きょう(24日)午後3時現在、関東の南東の海上にある台風12号から変わった温帯低気圧です。台風は温帯低気圧に変わりましたが、北日本の太平洋側の地域を中心に影響を及ぼします。一方、九州付近には別の低気圧があり、あすにかけて日本の南を、東へ進む見通しです。さらには、あすには山陰沖に低気圧が発生する予想です。そのため、あすは日本各地でタイミングは違うものの、一日のうちいずれかの時間に雨が降りそうです。

沖縄は朝までは所々で雨が降りますが、昼ごろからは晴れるでしょう。九州は、今夜からあす朝まで局地的に激しい雨が降りそうです。あす日中は天気が回復するでしょう。四国は、朝まではカミナリを伴って非常に激しい雨の降る所がありそうです。次第に晴れ間が戻るでしょう。中国地方・近畿は、昼過ぎまで雨や雷雨となるでしょう。東海と北陸は、断続的に雨が降り、局地的に激しく降りそうです。関東も午後を中心に雨雲がかかるでしょう。東北は、断続的に雨が降りそうです。北海道は、午後になると雨が降りだすでしょう。

●雨量が多くなる地域は

あす(25日)雨量が多くなると予想される地域は、東北の太平洋側、特に三陸の沿岸の地域です。台風から変わった温帯低気圧が近づき、暖かく湿った空気が流れ込む影響で、あす夜からは雨が激しく降り、大雨になるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。また、暴風や高波にも警戒してください。

また、別の要因、日本の南海上を進む低気圧の影響で雨量が多くなると予想される地域があります。九州南部(鹿児島県や宮崎県)では、あす未明までは発達した雨雲がかかる予想です。また、四国の太平洋側の地域(高知県や徳島県)でもまとまった雨が降ることが予想されます。雨のピークはあす朝まででしょう。さらには東海、特に三重県の沿岸部でも雨量が多くなることが予想され、あす昼過ぎをピークに強い雨に注意が必要です。雨量の多くなる地域では、雨のピークを過ぎてもしばらくは低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水などに注意・警戒が必要です。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon