古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【北米国際オートショー2018】地元紙が来場者による展示車の人気投票を実施! 1位は北米トラック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたこのクルマ!

Autoblog 日本版 のロゴ Autoblog 日本版 2018/01/27 10:00
© Autoblog 日本版 提供

大規模なモーターショーでは、自動車ジャーナリスト達から様々な評判を耳にする。しかし一般の来場者の声に耳を傾ければ、我々メデイアの評価とは別のクルマに人気が集まったりするものだ。北米国際オートショーでは、地元メディアである『デトロイト・ニュース』が毎年恒例の来場者による人気投票を実施している。今年の「リーダーズ・チョイス・アワード」では、2018年型リンカーン「ナビゲーター」が最高の栄誉に輝いた。

『デトロイト・ニュース』は、北米国際オートショーを訪れた来場者100人に投票を依頼。その結果、今年のベスト・オブ・ショーに選ばれたクルマは、ジャーナリスト達が審査委員を務める北米トラック・オブ・ザ・イヤーにも輝いたリンカーン ナビゲーターだった。つまり、一般来場者とジャーナリストの評価が、今回は一致したわけである。

デトロイトの会場に展示されているナビゲーターは、超高級なインテリアを備える最上級グレードの「ブラック・レーベル」仕様だ。その価格は、およそ9万5,000ドル(約1,040万円)。来場者の投票による「ベスト・ロードトリップ・ライド」のカテゴリーでもトップに立ったことは頷ける。

その他、各カテゴリーで選ばれたクルマは以下のとおり。

ベスト・ドリーム・マシン(夢のマシン)

フォード「GT」

© Autoblog 日本版 提供

ベスト・ファミリー・ファン・ファインダー(家族で楽しみを見付けるのに最適なクルマ)

クライスラー「パシフィカ」

© Autoblog 日本版 提供

バッデスト・オフロード・ビークル(最もヤバいオフロード車)

ジープ「ラングラー ルビコン」

© Autoblog 日本版 提供

クーレスト・テクノロジー(最もクールなテクノロジー)

BMW「i8 ロードスター」

© Autoblog 日本版 提供

モスト・フォー・ユア・マネー(最もお買い得なクルマ)

起亜「スティンガー」

(我々が最近掲載した短評へのコメントでは、スティンガーはメディアのお気に入りで大衆は買わないだろうとの意見があったが、少なくとも今回の投票者は気に入ったようだ)

© Autoblog 日本版 提供

ベスト・フューチャー・コンセプト(最も優れた未来のコンセプトカー)

インフィニティ「Qインスピレーション」

© Autoblog 日本版 提供

モスト・エコ・フレンドリー(最も環境に優しいクルマ)

スマート「フォーツー」

© Autoblog 日本版 提供

モスト・アメイジング・モビリティ(最も驚くべき乗物)

トヨタ「コンセプト-愛i WALK」

© Autoblog 日本版 提供

By GREG RASA

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblogの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon