古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【ドライバー1,000人に聞いた】高速道路の渋滞、何キロまでなら「そのまま走行」する?

マイナビニュース のロゴ マイナビニュース 2022/08/06 09:00 CHIGAKO

ホンダアクセスは8月4日、インターネットによって実施された「家族での長距離ドライブに関する調査2022」の結果を発表した。調査は6月21日~22日、家族で片道100km以上の長距離ドライブをしたことがあり、配偶者と子どもがいる20歳~59歳のドライバー1,000名(男女各500名)を対象に行われた。

高速道路の電光掲示板で渋滞情報を見たときの行動 © マイナビニュース 高速道路の電光掲示板で渋滞情報を見たときの行動

高速道路の電光掲示板で渋滞情報を見たときの行動

高速道路の電光掲示板に渋滞情報が出ていたら、どのような行動をとることが多いかと尋ねたところ、渋滞の長さが「5kmの渋滞のとき」と「10kmの渋滞のとき」では「ルート変更せずそのまま走行を続ける」が多数派で、特に、5kmの渋滞であれば7割近く(68.2%、10kmの渋滞の場合34.2%)の人がそのまま走行すると回答。

一方、「20kmの渋滞のとき」「30kmの渋滞のとき」「40kmの渋滞のとき」では、「一般道に降りて走行を続ける」(20kmの渋滞34.2%、30kmの渋滞43.1%、40kmの渋滞46.4%)が多数派に。高速道路が20km以上渋滞していたら、そのまま高速道路を走行するよりも、一般道に降りるほうがスムーズに目的地に到達できそうと考える人が多いことがわかった。

マイナビニュースの関連記事

マイナビニュース
マイナビニュース
image beaconimage beaconimage beacon