古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸

webCG のロゴ webCG 2021/10/14 09:00 webCG
フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸 © webCG 提供 フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸

フェラーリ・ジャパンは2021年10月14日、東京・渋谷において新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」の日本導入を発表。実車を国内で初披露した。

今回のフェラーリ296GTBは、プラグインハイブリッドシステムが採用された2シーターベルリネッタ(クーペ)で、車名の数字は2.9リッターの6気筒エンジンを意味している。

パワーユニットは市販フェラーリでは初となる120度のバンク角を採用するV6ターボ。これに電気モーターと外部充電が可能なリチウムイオンバッテリーを組み合わせている。ターボチャージャーはVバンク間に配置されており、このレイアウトもフェラーリ初だという。

リアミドの低い位置に縦置きされるV6ターボユニットは、最高出力663PS、最大トルク740N・mを発生。MGU-K(モータージェネレーターユニット・キネティック)と呼ばれる電気モーターはエンジンと8段DCTの間に配置され、最高出力167PSを発生する。先に登場したフェラーリ初の市販PHV「SF90」は四輪駆動だが、296GTBは後輪駆動となる。

システム最高出力は830PSを誇り、F1マシンもテストを行うフェラーリの社内テストコースであるフィオラノのラップタイムは1分21秒を記録。パフォーマンスについては最高速度330km/h以上、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.3秒、200km/hから静止に要する距離は107mと発表されている。最高出力720PSの3.9リッターV8ターボを搭載するミドシップスポーツ「F8トリブート」よりも200km/hからの制動距離で8.8%短縮し、200km/hから繰り返しブレーキングした際の制動効率は24%向上しているという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4565×1958×1187mm、ホイールベースは2600mm。モダンなルックスは、シンプルにして機能的な1960年代のフェラーリ車へのオマージュから生まれたとされ、Bピラーのカットやリアのマッドガード、切り詰められたテールなどは1963年の「250LM」がモチーフだとフェラーリは説明している。

コックピットは、フルデジタルインターフェイスを中心に構築。計器類のほとんどはドライバー側にまとめられ、ダッシュボードの切れ目からステアリングホイールとインストゥルメントパネルが現れたような「ピュアでミニマリスト」なデザインが特徴とされる。他のフェラーリ車と同じように、速度やエンジン回転数が表示されるパッセンジャーディスプレイも用意されている。

また、SF90と同じく軽量化や空力特性を向上させる「アセット・フィオラノパッケージ」も設定。GTレースの経験で生まれた「マルチマティックダンパー」やカーボン製のフロントバンパーパーツ、超軽量レクサン樹脂製のリアスクリーンなどによる12㎏以上の軽量化がアナウンスされている。同仕様では250LMをイメージしたカラーリングの設定も特徴となる。

価格は3678万円で、すでに注文受け付けを開始している。納車時期は未定。

(webCG)

◆「フェラーリ296GTB」のより詳しい写真はこちら

フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸

フェラーリの新型V6プラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」日本上陸
© webCG 提供

webCGの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon