古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北米SUV 2019、RAV4 やスバルの3列SUVが選出…セミファイナル12車種

レスポンス のロゴ レスポンス 2018/09/14 13:30 森脇稔

トヨタRAV4新型

トヨタRAV4新型
© レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は9月12日、「2019北米SUVオブザイヤー」のセミファイナリスト12車種を発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2019北米SUVオブザイヤーのセミファイナリスト15車種は以下の通り。

アキュラRDX

BMW X5

キャデラックXT4

ヒュンダイ・コナ

ヒュンダイ・サンタフェ

インフィニティQX50

ジャガーI-PACE

ジープ・ラングラー

日産キックス

スバル・アセント

トヨタRAV4

ボルボXC40

日本メーカーからは、日本市場への復活導入が決まっている新型トヨタ『RAV4』が選出。SUBARU(スバル)は3列シートの新型SUV『アセント』が選ばれた。日産は新型コンパクトクロスオーバー車の『キックス』、インフィニティブランドは『QX50』(日産『スカイラインクロスオーバー』後継車)、ホンダのアキュラブランドは新型『RDX』の合計5車種がセミファイナリストに。

欧州勢では、新型BMW『X5』、ジャガーカーズ初の市販EV、ジャガー『I-PACE』、ボルボカーズのコンパクトSUV、『XC40』の3車種が、セミファイナリストに名前を連ねる。

北米SUVオブザイヤーは2019年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー2019において、決定する予定。前回は、新型ボルボ『XC60』が栄冠に輝いている。

レスポンスの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon