古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

BMWの新型電気自動車「iNext」、2021年に発売予定で航続距離は700kmに!

Autoblog 日本版 のロゴ Autoblog 日本版 2018/01/26 20:00
© Autoblog 日本版 提供

BMWが約2年前に発表した「VISION NEXT 100」(写真)は、将来発売されるクルマをかなり抽象的に表現したコンセプトカーだったが、そのとき同社は2021年に「iNext」と呼ばれる次世代型電動モビリティを世に送り出すと予告している。自動車メディア『Motor Trend』が報じたところによると、BMWは先日デトロイトで開幕した北米国際オートショーにおいて、iNextが発売される際には、航続距離は700kmになるだろうと発表したという。これはシボレー「ボルト」の約383kmや、テスラ「モデルX 100D」の約475kmと比べても大幅に長い。iNextがどのような外観になるのか、まだ正確には分かっていないが、クロスオーバー型のクルマになると言われている。

iNextも、基本的には「i3」や「i8」といった他のiシリーズと同じテーマを踏襲する。つまり既存の2台と同様に、車体の広範囲にカーボンファイバーを使用して軽量化を図ったものになるはずだ。現行型i3の航続距離は米国のEPA(環境保護庁)によれば約183km。パフォーマンス重視のi8は、電気のみによる航続距離は約29kmでしかない。BMWはSAEインターナショナルが定義したレベル3とレベル4の自動運転技術を、iNextに搭載すると発表している。

それ以外の情報はまだ明らかにされていない。まずは近いうちに発表される最新のコンセプト・モデルに期待しよう。

By REESE COUNTS

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblogの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon