古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

たけし要求「NHKの入り口前にブロンズ像飾って」

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2018/10/22 06:40 日刊スポーツ新聞社
前列左から渡辺直美、劇団ひとり、ビートたけし、伊達みきお、富沢たけし、後列左から、豊本明長、飯塚悟志、角田晃広、コカドケンタロウ、中岡創一、新川優愛 © 日刊スポーツ新聞社 前列左から渡辺直美、劇団ひとり、ビートたけし、伊達みきお、富沢たけし、後列左から、豊本明長、飯塚悟志、角田晃広、コカドケンタロウ、中岡創一、新川優愛

ビートたけし(71)が、NHKでコント番組初出演を果たす。このほど、都内で特別番組「コントの日」(11月3日午後7時30分)の会見を行い、紅白歌合戦に匹敵する企画を展開する意向を示した。

たけしは「みんなが考えたネタでもあり、役者たちが力を入れてやったコント。毎年『コントの日』をやって紅白歌合戦のようなイベントになってほしい。芸人たちが、番組に出られることが1つのステータスになるような地盤を我々がつくれたら名誉なこと」と意気込みを語った。

さらに「他のコントの人、漫才の人も出たがると思う。本当に『第1回紅白歌合戦』みたいだと思うもの。俺は宮田輝(元NHKアナウンサーで紅白司会は通算15回)ということで」と内容に自信を見せた。

会見終盤にはNHKに対して要求も突きつけた。「NHKの入り口の前に私のブロンズ像を飾ってほしい。冬はサンタの格好。それ以外は小便小僧でいい。二宮金次郎のようにまきをしょってもいい」と笑わせた。

「お笑いは時代で進化するもの」という持論も展開した。「ついていけるように、じじいになってもやっていようと思う。あいつは面白いと落ち込むこともあるが、いいネタや切り口を教えてもらった、勉強になる、と思う今日この頃です」と真顔で語った。

番組内では、架空の団体である日本コント協会会長の設定。官房長官を演じ、共演のお笑いタレントらと新元号発表コントなどを披露する。共演は劇団ひとり、渡辺直美、サンドウィッチマン、東京03、ロッチ、新川優愛ら。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon