古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アジアン隅田美保は“ホス狂い”だった? 重度のホス狂いほど勤勉に働き貢ぎ倒す傾向

messy のロゴ messy 2017/12/16 20:00 株式会社サイゾー
© messy 提供

 女芸人の頂点を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・アジアンの馬場園梓(36)と隅田美保(41)が揃って出演したことが話題を集めた。隅田が2015年4月から、「婚活」を理由にテレビ出演を控えているため、2人のアジアンとしてテレビに出たのは2年8カ月ぶりのことだった。

 隅田はブスいじりが婚活に影響を及ぼすとしてテレビ出演を控えている、とされているが、15年8月に相方の馬場園が酒で仕事に穴を空けたり遅刻することが続いたことがきっかけだったとテレビ番組で明かしている。馬場園によれば、「東京に出てからいろんなイケメンと出会うようになって、強いお酒を覚えて、朝まで飲むようになったんですね。で、たまに寝坊するようになった」そうだ。それでも遅刻癖が治らなかった隅田は、会社に呼び出された際、「婚活一本で絞ります」と突然宣言したという。

 このニュースが出た当時、ネット上では隅田の“ホス狂い”疑惑が浮上している。「イケメン」「強い酒」「朝まで飲む」というワードから「ホストクラブに通っているのでは」という憶測が飛び交った。

 それから2年たった今、隅田のホス狂いは疑惑が再燃中だ。『女芸人No.1決定戦 THE W』について報じた「日刊ゲンダイDIGITAL」が、隅田がかつて“ホストクラブにハマっていた”と断言。同誌が取材した日テレの関係者の証言によれば、「(隅田のテレビ出演自粛は)ホストクラブにはまり、朝まで飲んでの遅刻癖が原因。遅刻の間、舞台をつないでいた大物芸人の逆鱗に触れ、自粛を余儀なくされたのが本当の理由」だそうだ。

 ホストクラブで朝まで飲むことは風営法上困難なので、隅田が本当にホストクラブに通っていたとしたら、指名していたホストとアフターで朝まで飲んでいたのだろう。それが連日続いていたとするならば、隅田は相当そのホストに入れ込んでいたことになるが……。

 ホストにハマってしまうとメンタルを病み、生活も荒れてしまうイメージがあるが、現役ホス狂いの女性は「本当にホストに入れ込んでいるなら、遅刻なんかせずに仕事するべきですよね。ホス狂い風俗嬢のほうがちゃんと仕事していますよ」と話す。

「ホストクラブは言わずもがな、お金のかかる遊びです。風俗嬢になってまで担当ホストに貢いでいる女性は、遅刻せずにちゃんと仕事しています。もちろん、売り掛け(ツケ)を飛んだり、面倒くさくて欠勤ばかりする子もいますけどね。私の友達は出勤する日と店に行く日をきっちり分けて、店に行く翌日は出勤を遅めにしたりしてます。ある友達は地方の出稼ぎに毎月行っていて、東京に帰ってくる日に店に行っています。ほぼ毎日出勤して、月の終わりの締日に一気に担当に使う子もいます。世間一般のイメージよりちゃんとメリハリをつけて働いていますよ。でないと、担当に貢げませんからね」(ホス狂いの女性)

 世間が抱くイメージよりも、真面目で勤勉なホス狂いは多いそうだ。

messyの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon