古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

セレブを狙った強盗&自宅侵入事件簿21選

Photos ロゴ Photos | 21 枚のスライドの 1 枚目

強盗や盗難の被害に遭ったセレブたち

米ロサンゼルスの高級住宅街で実際に起きた、ハリウッドセレブの豪邸ばかりをターゲットにしたティーンエイジャーたちによる窃盗事件は、ソフィア・コッポラ監督作映画『ブリングリング』として2014年に公開され話題を呼びました。煌びやかな生活をSNSで晒している有名人は、窃盗被害に遭いやすいと言えるでしょう。今回は、強盗や窃盗、自宅侵入など犯罪の標的になったセレブたちの被害を振り返ります。

(写真)ロッド・スチュワート

英国出身のミュージシャン、ロッド・スチュワートは1982年4月、ロサンゼルスで3歳の娘と歩いていた時に強盗から銃口を突き付けられた経験を持つ。スチュアートは愛車の1977年型ポルシェ・ターボ・カレラ(当時5万ドル相当)の鍵を男に盗まれた。車の盗難にあったのは、これ一度だけではなく、2004年にフロリダに住んでいた時、解雇した使用人に、愛車のドッジ・バイパーを盗まれた経験もある。


© Paul Natkin/Getty Images
image beaconimage beaconimage beacon