古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中川大志に聞いた「挫折経験」十人十色の評価、1人での戦いに“毎回怖い”

週刊女性PRIME のロゴ 週刊女性PRIME 2021/07/22 08:00 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
中川大志 撮影/齋藤周造 © 週刊女性PRIME 中川大志 撮影/齋藤周造 中川大志 撮影/齋藤周造 © 週刊女性PRIME 中川大志 撮影/齋藤周造

「僕自身も小さいころから犬を飼ってきたし、動物はすごく好きで。動物たちと一緒にお芝居を作るというのは初めての経験で、大きなチャレンジでした」

“男の意地”もわかる気がした

 原案は、北里大学獣医学部に実在したサークル“犬部”に迫ったノンフィクション。三度の飯より動物が好き。そんな獣医学生たちが行き場を失った命のために学生時代を、さらにはその後も奔走する――。

「常に現場は動物ファースト。人間の役者とは違い、決められた動きや台本に書かれたことを何回もできるわけじゃないので、そこは根気よく。現場ではワンちゃんに合わせて変わったことも多かったんですが、本番だけ奇跡が起きたような瞬間もありました」

 とニッコリ。中川が演じた柴崎涼介は、主人公・花井颯太(林遣都)の親友。颯太に負けず劣らず犬バカだ。

「柴崎にとっての颯太はよき友人であり、ライバルでもあり、戦友。性格も全然違う。憧れと尊敬がある分、嫉妬のような感情も。どこか敵わないと認めているからこそ、“同じ土俵じゃないなら、自分は何で勝負できるんだろう?”と考えさせてくれる存在。

 僕にもそんな親友がいるので、すごく共感しながら演じました。大学卒業後は違う道を進む2人なんですが、何かを成し遂げるまで会えない。そんな男の意地もわかる気がします

 自分自身に柴崎を重ねつつも、

「とはいえ僕は、あそこまでクールじゃないですけどね(笑)」

『家政婦のミタ』から10年

挫折経験、ある?

 卒業後、颯太は獣医師として開業。一方、柴崎は殺処分の最前線で大きな挫折を味わう……。子どものころから活躍し、『家政婦のミタ』('11年)からちょうど10年。本作に加え、連ドラ『ボクの殺意が恋をした』に主演中。俳優として順風満帆にしか見えない中川にも、挫折経験はあるのだろうか?

「10年? 本当ですね。うーん。その時代、その時代で悩んだことはありますね。大人になるにつれて、だんだん見えてきたことに落胆することもありましたし。芝居をしていて、毎回“これでよかったのかな”とは思います。明確な採点基準がある仕事じゃないし、10人いたら10人の評価がある。1人で戦わなきゃいけないところもある。だから毎回怖い。でも、それがやりがいであり、悔しさがエネルギーだったりもしています」

 犬をこのうえなく愛する人を本作では敬意を込めて“犬バカ”と呼んでいる。無類に好きなものってある?

釣りですね!! もともとはブラックバスだったんですが、今は海釣りもします。思い悩んだり、ストレスがたまったり、疲れてるなっていうときこそ、自然の中に行きます。頭も身体もリフレッシュできるので。釣りの時間は大切にしています」

 青春が詰まった今作で届けたい思いを尋ねると、

「僕自身も初めて知るような動物愛護の歴史や現状も描かれています。人間と動物のかかわり方について、きっとメッセージを受け取ってもらえると思っています。あとは何より、動物たちが本当に可愛いので。ぜひ劇場で見ていただけたらうれしいです」

愛娘はエマちゃん(2歳♀)

 2年ほど前からフレンチブルドッグのエマちゃんを飼っているそう。

「生後4か月ぐらいでウチに来まして。すごくマイペース。フレンチブルドッグならではのちょっとアホっぽさ? ちょっと抜けた感じは、見てて飽きないですね。僕がソファで寝落ちしたときに“やたら重いな”と思ったら、エマが自分のお腹の上で寝ていたり。本当に癒されます。家に帰るのが楽しみというか、エマに会うために帰っている感じ(笑)」

『犬部!』

7/22(木・祝)全国ロードショー

出演/林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大 ほか 

配給/KADOKAWA

ヘアメイク/堤紗也香 スタイリング/徳永貴士

週刊女性PRIMEの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon