古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北川景子:平手友梨奈の初主演映画初日に涙 「彼女のためにも良かった」

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2018/09/14 19:35 MANTAN Inc.
映画「響 -HIBIKI-」の初日舞台あいさつで涙を見せた北川景子さん © MANTANWEB 映画「響 -HIBIKI-」の初日舞台あいさつで涙を見せた北川景子さん

 女優の北川景子さん、アイドルグループ「欅坂46」の平手友梨奈さんが14日、東京都内で開かれた初主演映画「響 -HIBIKI-」(月川翔監督)の初日舞台あいさつに登場。撮影やプロモーションを通して、平手さんと仲を深めた北川さんが、映画の初日を迎えて「ずっと見守っていたから、彼女のためにも、良かったと思います」と涙を見せる一幕があった。

 北川さんは、平手さんについて「クリエーティブな精神を持っている人だと思ったから、(撮影は)型にはめ込み過ぎず、自由にやったらすごく良い響になると思っていて」と話し、「撮影初日から私には輝いているように見えて、『響がいる』って思えました。私は、早くみんなに見せたいと思っていたから、今、うれしいです」と手で顔を覆った。

 北川さんは平手さんと連絡先も交換したといい、「毎日連絡取っています。何を(話す)っていうわけではないですけど」と明かすと、平手さんも「何をしたとか、何を食べたとか(連絡する)」とにっこり。北川さんも「お弁当の写真を送り合いました」と仲の良さをアピールしていた。

 舞台あいさつには、アヤカ・ウィルソンさん、高嶋政伸さん、北村有起哉さん、板垣瑞生さん、月川監督も出席した。月川監督は「2人の関係性を見ていても、この映画を作って良かったと思います」と笑顔だった。

 映画は、マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載されている柳本光晴さんの人気マンガ「響~小説家になる方法~」が原作。圧倒的な文才を持った現役女子高生・鮎喰響が、デビュー小説で芥川賞と直木賞を同時受賞し、世間を騒然とさせる……というストーリー。

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon