古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

吉本興業の藤原寛社長、老眼いじられ大爆笑誘う

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2018/11/10 21:31 日刊スポーツ新聞社
ヨシモト∞ドームのオープニング会見で、紙片を取り出してコメントを読み上げた藤原寛よしもとクリエイティブ・エージェンシー社長 © 日刊スポーツ新聞社 ヨシモト∞ドームのオープニング会見で、紙片を取り出してコメントを読み上げた藤原寛よしもとクリエイティブ・エージェンシー社長

吉本興業が、対戦型ゲームで競う「eスポーツ」の拠点にする、ヨシモト∞ドームが10日、東京・渋谷でオープンした。居並ぶ吉本の売れっ子芸人たちを尻目に、日本テレビの大みそかの特番「笑ってはいけない」シリーズの審判役でおなじみの、藤原寛よしもとクリエイティブ・エージェンシー社長(49)が最初の大爆笑をとった。

最初にあいさつに立った藤原社長は「ヨシモト∞ドームは、新たなエンターテインメントの拠点として、吉本の14番目の劇場」と話したところで絶句。「話そうとしていたことが飛んでしまったので」と、内ポケットからコメントを書いた紙片を取り出した。目から大きく離して読もうとすると、司会のピン芸人・タケト(42)から「老眼で」といじられ、第1号となる笑いをを取った。それでも最後は「吉本は今年3月からeスポーツ事業に乗り出した。∞ドームではeスポーツ大会、タレントによるゲームイベントなどやっていく」と力強く言い切って、決定的な「アウト!」を宣言されることはなかった。

会見にはトレンディエンジェル、相席スタート、コロコロチキチキペッパーズ、おかずクラブ、ゆにばーすなど売れっ子芸人が登場。5組が日替わりでMCを務める生配信バラエティー「シブオビ」が来月3日にスタートすることが発表された。トレンディエンジェル斎藤司(39)は「ここを拠点にツアーをやれば、ドームツアーと言える。そうすれば嵐に並べる」。ゆにばーすの川瀬名人(34)は「今までの劇場より、金の匂いがプンプンする。そこが吉本の目ざといところ」と話した。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon