古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

山里亮太、甲本ヒロトからの一言に感涙「しびれた」

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2018/10/04 11:35 日刊スポーツ新聞社
南海キャンディーズ山里亮太(2018年5月6日撮影) © 日刊スポーツ新聞社 南海キャンディーズ山里亮太(2018年5月6日撮影)

南海キャンディーズの山里亮太(41)が、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロト(55)から掛けられた言葉に涙したエピソードを語った。

山里は3日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」で、コンビでMCを務めるテレビ東京系音楽番組「プレミアMelodiX!」の収録でザ・クロマニヨンズと初対面を果たしたことを報告。「すごいよね、俺。生まれて初めてさ、ついに甲本ヒロトさんとマーシー(真島昌利)を見ることができて」と興奮気味に語った。

演奏の収録が終わったところであいさつに行き、自己紹介をすると、「ヒロトさんが『ああ、どうも』って頭下げて、『知ってますよ』って。『おふたりは絶対知らないと思うんですけど、僕らはおふたりが好きで、1回生で(ライブを)見に行ってるんですよ。いつ何の時かは言わないですけどね』って言ってくれたの、ヒロトさんが」と感激した山里。「その時に俺としずちゃんがどうなったかって言うと、2人とも泣いちゃったのよ」と、山崎静代はすすり泣き、山里も涙を流したという。

感激して礼を言うと、ヒロトから「こちらこそ、すてきな場所で歌わせてくれてありがとうね」と礼を返されたといい、「しかもね、かっこいいのは、リハーサルとかもあってスタッフさんに『何回も付き合ってくれてありがとうございます。すみません』みたいなの言って、曲が始まったりすんの。しびれたわ、本当に。泣いちゃってんの」と振り返った。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon