古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

平尾勇気 義母に「罪を償うべき」 公認会計士も糾弾「後妻ビジネスの極悪非道版」

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2018/09/26 05:59 デイリースポーツ/神戸新聞社
会見する故・平尾昌晃さんの三男・平尾勇気=東京・お茶の水(撮影・三好信也) © Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. 会見する故・平尾昌晃さんの三男・平尾勇気=東京・お茶の水(撮影・三好信也)

 昨年7月に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の三男で、歌手の平尾勇気(37)が25日、都内で会見を行い、平尾さんの3度目の結婚相手となった妻・Mさんとの、60億円ともいわれる遺産を巡る泥沼トラブルについて説明した。

 Mさんを相手に法的手段を取るに至った経緯を明かし、「彼女が悪いことをやってるなら罪を償うべき」と主張。同席した勇気側の公認会計士も、「後妻ビジネスの極悪非道版」と厳しい表現で糾弾した。

 報道陣100人が集まった会見場で、義母へ息子の怒りのブルースが奏でられた。勇気が身につけたダークスーツ、グレーのポケットチーフ、ラメ入りのネクタイは、いずれも平尾さんの愛用品。横領疑惑のある会社役員を守ろうとするMさんの刑事告訴も視野に入れているという声明文を冒頭で読み上げ、「天国の父のため、血を受け継いだ(3人の)兄弟が笑顔で会えることを願っての行動です」と語気を強めた。

 平尾さんの死去後、Mさんは平尾昌晃音楽事務所と音楽出版管理会社(以下、F社)の代表取締役社長に就任。勇気はMさんの2社における職務執行停止の仮処分申し立てを東京地裁に行い、21日までに受理された。「お金、名誉でなく、平尾昌晃ブランドを、魂を汚さないように生きたい」と“骨肉の争い”に臨む決意を示した。

 遺言書は見つかってないが、平尾さんに書く意向があったことを示す“証拠”として、2013年11月に知人弁護士に送っていたというメールを公開。「福祉で資金が尽きるまで人を育て、音楽で夢を与えることに協力したい。M夫人、息子たちへの財産分与の配分も考えてます」-。著作権料の一部は寄付するともつづられていたという。

 平尾さんの次男・亜希矢氏(39)も2社で取締役を務めるが、勇気は「仲がいいので、『頼むよ』と兄貴たちも賛成というか、見守ってくれてる」と三兄弟一枚岩を強調。一方で、「兄貴たちはまだMさんとうまくやっていけたら、とやっている。ただ、僕はそれができない」と不協和音も漏らした。

 26日には株主総会が開かれ、勇気は3カ月ぶりにMさんと対面予定だが、「シカト(無視)します。顔も見ません。考えただけでイライラして、気持ち悪いんで」と駄々っ子のように吐き捨てた。Mさんとの和解も完全否定したとあって、“ぎぼむす問題”は決着点が見えない。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon