古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新垣結衣、松田龍平に“ふいうちキス”!「ガッキー小悪魔すぎる…!!」と話題<獣になれない私たち>

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2018/11/11 10:19
© KADOKAWA MAGAZINES 提供

11月7日(水)に、新垣結衣と松田龍平のW主演作「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が放送され、ラストのシーンで晶(新垣)が恒星(松田)の唇を突然奪い、視聴者の間で話題となった。

SNSには「ドキドキが止まらんね」「前回あんなに渋ったキスを一瞬でしてしまう晶さん…そりゃ恒星固まるわ」「ガッキーからのキスを深く考えない方が無理」という声が上がり、そのキスは登場人物たちだけでなく、見る者にインパクトを与えた。

今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きている晶と、人当たりは良いが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。クラフトビールバー「5tap」で出会ったふたりが、人前で見せる顔の裏で何を思っているのかをぶつけ合っていく。

第5話で晶は、京谷の家に住み続ける元彼女・朱里(黒木華)と対峙した。(以下、ネタバレが含まれます)

朱里は晶に「あんたみたいな人、大っ嫌い」と感情をぶつけて涙を流す。自分の気持ちを抑えて生きてきた晶は、朱里と自分の違いを実感。晶の心は、朱里のことや、相変わらず多忙すぎる仕事のことや、煮え切らない京谷との関係性など、すべてにおいて崩壊寸前となった。

一方、京谷は朱里にマンションを譲ると告げて、スーツケースに荷物を詰めて家を出てきていた。晶に「これから会える?」とメールを打つも返事はなく、「5tap」の方面へ向かう。

そのメールをちょうど「5tap」の前で見た晶が、難しい顔で店の前を行ったり来たりしているところへ恒星が現れ「何やってんの?」と声をかけた。

「さんぽ」と答える晶は、「ぐるぐるおさんぽ?笑」とほほ笑む恒星に「京谷と会うと許しちゃう。だから会いたくない」と本音を漏らす。

そんな晶の視界に、京谷の姿が目に入る。晶は恒星に「ちょっと付き合って、一瞬!」と言って、突然のキス! 目を疑うような光景にきびすを返した京谷を確認すると、晶は「ごめん!そんなに深く考えないで」と恒星に弁解する。「いや、酔ってもないのにキスしたの何年ぶりだろ」と、ちょっとこのキスを深く考えてしまいそうな恒星だった。

視聴者もこの展開には大興奮。「ガッキーからのキスを深く考えない方が無理」「やっと“けものみ”帯びてきた?」「わけもわからず背中に両手回す恒星さん最高にかわいかった」「ガッキー小悪魔すぎる…!!」と、大胆な晶の行動が話題に。

そして、晶と恒星は酒に酔って一夜を共にしたこともあるが、そのときは恒星が寝てしまったため、キスも何もしておらず。「前回あんなに渋ったキスを一瞬でしてしまう晶さん…そりゃ恒星固まるわ」「シラフの恒星にキスしちゃったら晶のこと意識しちゃうぞ~」「ドキドキが止まらんね」と、今後のふたりに恋愛感情が生まれるかを想像する声も多かった。

次回、11月14日(水)放送は第6話。晶と恒星の路上キスを目撃した呉羽(菊地凛子)だったが、2人のキスを見ても全く態度が変わらず上機嫌。今からみんなで夫の橘カイジの仕事関係の「パーティーに行こう!」と誘う。一方、京谷は朱里が居座り続けるマンションから出てきたことを晶に告げられないまま。そんな中、朱里が「5tap」にやってくる。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon