古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

櫻井翔が慶應“恩師”に明かした、進路めぐる父子“確執”と2021年「次のステージ」

週刊女性PRIME のロゴ 週刊女性PRIME 2020/05/23 20:00 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
櫻井翔 © 週刊女性PRIME 櫻井翔 櫻井翔 © 週刊女性PRIME 櫻井翔

《男子校で有り難かったですよ。キャーキャー言う人がどこにもいない(笑)》

 ジャニーズタレントにおいて頭脳派として知られる櫻井翔。彼が長年、『news zero』(日本テレビ系)のキャスターを務めていられるのは、努力と実力もさることながら“母校”を卒業したことも自信になっているのかもしれない。

 この度、そんな櫻井が“学び舎”として過ごした、慶應義塾の機関誌『三田評論』における連載企画《話題の人》に登場。櫻井が高校3年時に授業を受けもった“恩師”である、同校の名誉教諭・石川俊一郎氏のインタビューに応えたのだ。

「彼が高3のとき、つまり1999年は嵐がデビューした年です。どこに行っても黄色い声援を浴び、女性ファンに追われる生活を送っていた彼にとって、気心知れた同級生がいる、しかも男子校は“避難所”にもなっていたのかもしれません」(アイドル誌編集者)

 アイドル業をこなしながらもナント、無遅刻無欠席を続けていたという櫻井。しかし、多忙極める仕事だけに、学生生活との切り替えには苦労したようだ。

《きつかったのは、高校3年と、大学の2、3年ですね。高校の時は、デビューしばかりで、仕事のペースも分からない。でも学生だから学校を休むわけにはいかず、いわば初めての両立という意味で大変でした》

 石川先生の授業でも度々居眠りをしていた櫻井。周囲の学友が起こそうとするも、《櫻井くんは皆にはできない体験をしている。これは彼にとって将来糧になることだから起こすな》と、先生は許容していたのだという。

息子は将来、外交官になるものと

 一方で、慶應ならではの悩みも。幼稚舎から在籍していた櫻井と同様に、周囲には将来の政財界を担う“エリート”の息子たちばかりがいたわけだ。

《ジャニーズ事務所に入って芸能活動をするということは、当然、一部の先生や保護者の方々から多少なりとも良く思われていないところがあったと思うんです》

 彼の父・俊氏もまた、総務事務次官まで上り詰めたエリート中のエリート。当然、自分とはまったく違う進路を選ぼうとする息子に当初は困惑していたという。櫻井家を知る芸能関係者が話す。

当たり前のように“息子は外交官に”と思っていたお父さんは、“芸能活動は部活みたいなもの”“高校生を卒業したら辞めるだろう”とタカを括っていたそうです。そもそも、ジャニーズに入ったのも事後報告だったんですね。意外にも熱心な翔クンに対し、嵐を続ける条件として“学校はやめるな、絶対に大学まで卒業しろ”と課したそうです」

 この時のことを、櫻井自身も語っている。

《大学に入る時も、「もし嵐を続けるんだったら、留年したら学費は自分で払え」と親には言われました。それは、留年したら芸能活動させてもらえない、ということだなと思いました(笑)》

 『三田評論』のインタビューでは、2006年から始めたキャスター業にも話題が及ぶ。いまではすっかり板についた印象だが、視聴者に受け入れられた秘訣を自ら明かしている。

《もう「現場で学ぶ」という感じです。僕はいわゆるアンカーマン的に自分の主義主張や意見を言う立場ではないと思うんです。(略)「僕はあくまで被災地に行って、被災者の方の声を多くの人に届けよう」と。例えば働き方改革の話でも、僕は社会人経験がないからよくは分かりませんが、だからこそ「そんなことがあるんですね」と視聴者の人に伝えられるかもしれない》

 そんなキャスターになったきっかけを、《慶應義塾大学を出たということを、自分の仕事に還元できるのではないかと考えた》と、恩師を前にもっともらしい経緯を話していた櫻井。実は、こんな思いもあったのだとか。

「ハワイデビューこそ華々しかった嵐ですが、その後は鳴かず飛ばす。まだ大学生だった翔クンは“この先、嵐はなくなってしまうのでは”と考えていたと言います。今更、お父さんに“ジャニーズを辞める”とも言えない中で、彼が他のタレントと差別化を測った、高学歴ならではの道が司会やMCではない“報道キャスター”に辿り着いたのでしょう」(前出・芸能関係者)

 この櫻井の成功を機に、高学歴ジャニーズらが次々とキャスター業に進出。後輩に道を示す“先駆者”になったわけだ。

 昨年11月、デビュー20周年を迎えた国民的アイドル・嵐。天皇陛下御即位をお祝いする「国民祭典」で歌唱し、本来ならば今年は東京五輪でも大活躍する予定だった。

《基本的には光栄で、最大の誉だなと感じるだけです。自国開催のオリンピックのお仕事をいただくとか、陛下の式典のお話を最初にいただいた時は、信じられないというか、事が大きすぎて実感がなかったですね。高校3年生の時には、想像もしなかった未来です》

次のステージに行くタイミング

 そして気になる今後だ。2020年をもって活動休止する嵐の「未来」を見据える。

《12月31までに嵐としてやりたいことはいろいろありますが、来年以降のことは、まだ具体的に考えられません。一方、ちょうど年齢も39になるので、やはり同級生を見ても転職する人もいるし、次のステージに行くタイミングなんだな、とは感じます》

 一部では、五輪延期に合わせて活動延長も報じられたが、実のところはどうなのか。そして、櫻井が口にした、気になる“転職”や“次のステージ”が意味するものは?

「2020年での活動休止はメンバーが長らく話し合って決まった結果です。“じゃあ、延長!”と軽々しく覆すことはないと思います。そして今後ですが、政治家との距離が近かったお父さんのもとには以前より、冗談も含めてでしょうが、“息子の出馬”についての打診も。キャスターとしてさらなる勉強に励み、ゆくゆくはアイドルとしてではなく、政治家として国民の心を動かす日が来るのかも知れませんね」(前出・芸能関係者)

 まずは悔いのないラストイヤーを走り抜けてほしい。

週刊女性PRIMEの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon