古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ABC浦川アナ、横山アナと絶妙の円熟味トーク

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2020/09/16 18:18 日刊スポーツ新聞社
絶妙の掛け合いトークを繰り広げた横山太一アナ(左)、浦川泰幸アナ(撮影・松浦隆司) © 日刊スポーツ新聞社 絶妙の掛け合いトークを繰り広げた横山太一アナ(左)、浦川泰幸アナ(撮影・松浦隆司)

ABCラジオ(大阪市福島区)は16日、秋の番組改編会見を行い、歯に衣(きぬ)着せぬコメントが人気の浦川泰幸アナ(49)がパーソナリティーを務める新番組「ウラのウラまで浦川です」(月~木曜午後3時)が10月5日からスタートすると発表した。

また横山太一アナ(34)がパーソナリティーを務めるラジオ初レギュラー「横山太一のピカイチ☆ブランチ!!」(金曜午前9時)が10月9日からスタート。パートナーはお笑いコンビ、クワバタオハラ小原正子(44)が務める。

浦川アナと横山アナが会見に出席し、絶妙の掛け合いトークで新番組への抱負を語った。

初のラジオ帯のレギュラーとなる浦川アナは「ラジオだと自分のしゃべりだけ伝えることができる。どれだけでも話を広げることができる中で、普通のラジオやテレビ番組にはないモノの見方でニュースがいろんな出来事をお伝えしたい」と抱負を語った。

入社12年目の横山アナは「三代沢アナウンサーや浦川アナウンサーのように円熟味はまったくありません。出そうと思っても出ないので等身大のありのままでいきたい」と意気込んだ。

浦川アナが新人研修の「先生役」だったという横山アナは「ときにやさしく、ときに厳しく、鍛えていただいた浦川アナとともに、ABCラジオを盛り上げていきたい」と力強く話すと、浦川アナは「円熟味」にすかさず反応し「ちゃんと“嫌み”も言ってくれて。ほんと、しゃべりが上手になったのね。10年以上も前、僕もいきり満点でやってました」とニヤリ。

横山アナは「何回も0点って言われました。その教えがあって、いまの私がある」と謙虚に? 新人時代を振り返った。

再び「円熟味」について浦川アナは「三代沢さんとは一回り違うんでね(笑い)。僕はまだ50歳になっていない、還暦になっていないのでね」と笑顔でチクリと言うと、横山アナは「私からしたらおふたりとも大先輩です」と切り返した。絶妙の「円熟味」トークで笑いを誘った。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon