古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

DAIGO、歌手デビュー時を回顧 小倉優子と「星キャラ」かぶりで悩んだ過去

RBB TODAY のロゴ RBB TODAY 2019/09/01 12:04
DAIGO【写真:竹内みちまろ】 © RBB TODAY DAIGO【写真:竹内みちまろ】

 DAIGOが、9月1日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)に出演。歌手デビュー当時の苦い思い出を語った。

 25歳のとき「DAIGO☆STARDUST」として歌手デビューしたDAIGO。このコンセプトは「星から舞い降りたロック王子」というものだったそう。ただ当時のことについて彼は「同じ時期にこりん星の小倉優子さんが出て来た」と述べ、「これホントかぶってる」と、星キャラかぶりだったことに戸惑ったそう。

 しかし自身のキャラクター設定と比べ、「向こうのほうが、いろいろ受け答えがしっかりしていた」と、小倉の緻密さを評価。一方、掘り下げ方が浅かったDAIGOはその頃について「そういう設定は1年たって、2年たってめちゃくちゃ苦しくなって来る」と苦戦したと回顧。「DAIGO☆STARDUSTはその名の通り、3年ぐらいで星くずになっちゃった」と自虐を放っていた。

RBBTODAYの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon