古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

グラハム・ナッシュ、アメリカーナ・アワードで功労賞受賞へ

BANG Showbiz のロゴBANG Showbiz 2018/11/10 08:00 Bang Showbiz
グラハム・ナッシュ © Bang Showbiz グラハム・ナッシュ

グラハム・ナッシュがアメリカーナ・ミュージック・アワードで功労賞を受賞する。現在76歳のグラハムは、イギリスのアメリカーナ・ミュージック協会による最も名誉ある賞を来年の式典で受け取ることになる。

同協会のスティーヴィー・フリーマンCEOは選出理由についてこう語る。「過去の受賞者であるリチャード・トンプソンやロバート・プラントに続いて2019年の功労賞をグラハム・ナッシュ氏が受け取ることはまさにふさわしいとしか言いようがありません」「50年間に渡るキャリアの中で、ソロ活動だけでなくでホリーズとクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングというアイコン的な2つの素晴らしいバンドとしても数々の作品を生み出しました」「ナッシュは今でも語り継がれるクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの世界的な名曲の数々も作曲したのです」

そしてナッシュの政治的な活動面も称賛し、「ノー・ニュークス」「ミュージシャンズ・ユナイテッド・フォー・セーフ・エナジー」「ミリタリー・マッドネス」などの団体での活動を通じて、世界をより良い場所に変えようとすることに尽力したと続けた。「彼は自身の影響力を行動主義に利用することを惜しむことなく、政治かつ環境問題に関するメッセージを伝えてきました」「海の向こうのアーティスト達とのコラボレーションにおいても素晴らしい代表的存在となっており、我々がアメリカーナと呼ぶ国境を超えた音楽の存在価値や独自の形態を作り出してくれています」

UK・アメリカーナ・アワードは来年1月31日にロンドンのハックニー・エンパイアでボブ・ハリス司会の元開催される。

image beaconimage beaconimage beacon