古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

樹木希林さん:出演映画公開 黒木華らが思い語る「きょうも一緒にいると思います」

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2018/10/13 12:00 MANTAN Inc.
映画「日日是好日」の初日舞台あいさつに登場した(左から)原作者の森下典子さん、鶴田真由さん、黒木華さん、多部未華子さん、大森立嗣監督 © MANTANWEB 映画「日日是好日」の初日舞台あいさつに登場した(左から)原作者の森下典子さん、鶴田真由さん、黒木華さん、多部未華子さん、大森立嗣監督

 9月に亡くなった女優の樹木希林さんが出演した映画「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督)の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出席した女優の黒木華さん、多部未華子さんらが樹木さんへの思いを語った。黒木さんは「本当にご一緒できてよかった。人間性としてすごくカッコいいと思うことが多かった」と振り返り、樹木さんに伝えたいことを聞かれると「初日迎えましたよ。多分一緒にいると思います」と語った。

【写真特集】黒木華、多部未華子、鶴田真由ら映画「日日是好日」キャスト登場

 黒木さんは、樹木さんについて「すごく映画を見たりしている方で知識も豊富でした。自分が役者さんとしてやらなければいけないことは、本当にたくさんあるんだなと思いました」と話していた。

 多部さんは「ご一緒する前はやっぱり恐れ多いというか怖いイメージのほうがすごく強かった」と話し、「でも撮影中にお話しをする機会をいただいたりとか、スタッフさんにかけている言葉を聞いていると、必ず愛があるというか、必ず一人一人と向き合ってお話ししているというか。お芝居に対する姿勢もそうですし、作品に対する、人に対する、いろんな姿勢を感じることができたことが、自分にとってはすごく貴重な経験だった」と振り返った。

 舞台あいさつには、鶴田真由さん、原作者の森下典子さん、大森監督も出席。鶴田さんは「亡くなる直前でしたが、本当にご一緒できてよかった。樹木さんはご自分にうそをつかない方。筋が通っているといいますか、そのたたずまいに教えていただくことがたくさんあった。出会えてよかったなと思う女優さんの一人です」と思いを明かした。

 大森監督は「京都でお会いして、随分お痩せになっているなと思って。きょうお会いできると思っていたのですごく残念なのですが、この映画で(樹木さんに)出会えてよかった。僕の財産になっていくんじゃないかと思っています」とコメント。

 森下さんは「樹木さんの訃報を聞いたときに、樹木さんの指の感触を思い出した」と振り返り、撮影現場を訪問した際のエピソードを語った。「現場では、樹木さんが気を使ってくださって、『こっちにいらっしゃい』と声をかけてくれた。臆していると手を引っ張ってくださった。それが、細くてするっとした、すごくきれいな指だったんです。きょうもいらっしゃってくれているんだろうなと思います」としみじみと語っていた。

 映画は、人気エッセイストの森下さんが、自身の体験をつづったロングセラーエッセー「日日是好日 『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」(新潮文庫)が原作で、お茶と共に人生を歩む女性の、20歳からの20数年間を描く。20歳の大学生・典子(黒木さん)は、同じ年のいとこ・美智子(多部さん)と一緒に、典子宅の近所に住む武田先生(樹木さん)に茶道を習い始める。当初は細かい作法に戸惑うばかりだったが、やがてお茶を通して人生の大切なものに気付いていく……というストーリー。

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon