古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中島健人、丸山智己との共演で見せた“愛され座長”の素顔<ドロ刑・放送直前企画3>

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2018/10/13 18:07
© KADOKAWA MAGAZINES 提供

10月13日(土)にスタートする中島健人主演の日本テレビ系新土耀ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」(毎週土曜夜10:00-10:54※初回は15分拡大で11:09まで)。

本作は福田秀の漫画「ドロ刑」をドラマ化したもの。ある日、窃盗犯を扱う捜査三課に配属された新米刑事・斑目(中島)が、伝説の大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)と出会い、難事件を一緒に解決するという異色のエンターテイメント作品だ。

放送を前に、3回に渡って送る「ドロ刑―」撮影現場での取材の記録。第3回は、中島が捜査三課の仲間となる勝手田利治役の丸山智己や、1話ゲストのひょっこりはんとの笑顔たっぷりの収録の様子を振り返る。

■ 細部までこだわった主人公の部屋が完成!

この日、まず中島は、第2話(10月20日(土)放送)の斑目の部屋でのシーンを撮影。撮影の合間は、出来上がったばかりの部屋のセットをうろうろ。

斑目は“リア充”の今どき男子ということで、部屋にはサーフボードやレコードプレーヤー、ギター、そして思い出の詰まった写真がたくさん貼ってある。この写真をよく見ると、きちんと中島が写っていて、スタッフに話を聞くと「1日掛けてちゃんと撮ったんです」という。この写真はドラマ中にも映るので、是非チェックしてほしい。

■ 取材陣を中島健人流におもてなし!

棚にもスタッフのこだわりがあちこちに散りばめられ、特に中島は「チューしたくなる飴(あめ)」が気になったようで、「これどこで買ったんですか?(笑)」と大笑い。それを手に取り、取材カメラにも唇を「チュー」の形にしながら見せてくれた。

それ以外にも、セッティング中には、この場面の芝居には使わないダイニングの椅子に腰を掛け、取材者たちのシャッターチャンスを作ってくれるなど、せりふの多い作品にもかかわらず、周囲に気を使ってくれる中島。

■ 中島健人、ひょっこりはんとの共演にルンルン

部屋のシーンが終わると、次は第1話の撮影へ。非番中にスリの常習犯(ひょっこりはん)に財布を盗まれた斑目(中島)が刑事・勝手田(丸山)から取り調べを受けるシーンで、隣の取り調べ部屋にはひょっこりはんと左門役の板尾創路の姿も。

ひょっこりはんがセットにやってくると、「ぐるぐるナインティナイン」(毎週木曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)の「グルメチキンレース ゴチになります!19」でも顔を合わせている仲であることから、中島はうれしそうな顔が抑えきれない。

中島は「今日は、(ドラマだから隠れられないので)がっつりはんだね!」と満面の笑みでひょっこりはんをお出迎え。そして、ひょっこりはんに肩を寄せて中島から“ひょっこりポーズ”。ひょっこりはんはグイグイな中島に一歩遅れを取りながら、手にしていた台本で「ひょっこり」。Wひょっこりが見事に決まり、2人は目を合わせて笑い合っていた。

■ リハーサルがスタート!

板尾、丸山もセットに入ると、リハーサルがスタート。最初に板尾とひょっこりはんが芝居をすると、中島はスタッフの群れの中に紛れ込んで偵察。板尾たちの掛け合いに笑いそうになるのを我慢しながら、演技を見届ける。丸山も一緒に取り調べ室をのぞくが、その姿がまさに「ひょっこり」になっているのがかわいらしい。

続いては、中島&丸山。このシーンは2人の掛け合いが非常に重要で、語気、間合い、表情を丁寧に確認する。熱血漢の勝手田と今どき男子の斑目のやり取りは必見だ。

■ ひょっこりはんが不法侵入!?

本番は順調に進む。板尾たちが先に撮影終了。ひょっこりはんは楽屋に帰ったかと思いきや、いつものタンクトップ&タイツの衣装で再登場。待機中の中島はこれを見逃すはずもなく、「あれ?(笑)」とニコニコ。

ひょっこりはんは番組SNS用に斑目の部屋でひょっこり画像を撮るために戻ってきたようで、“自分の城”にひょっこりはんが入っていくのを見て「俺んちなのに~、不法侵入だよ」とポツリ。とはいえ、ひょっこりはんが撮影を終え、帰って行く際、中島は腕が取れるくらいに大きく手をブンブンと振って名残惜しそうに見送っていた。

■ 中島健人は現場で愛される座長!

一方、中島と丸山も、せりふ量が多く、話すスピードが速いため、決して楽なシーンではないが、ミスなしで撮影が進行。OKが出たカットをモニターでチェックする中島は丸山の、丸山は中島の、互いの演技に顔をクシャクシャにして大爆笑。涙が出そうなくらいにヒーヒーと笑いが止まらない中島は丸山の肩を借りるようにもたれ、「最高です! 本当にすごい!(笑)」と絶賛。

俳優の先輩たちに囲まれながらも、人懐っこさと気持ちの良い笑顔で現場の空気を明るくする中島。途中、演技で机をバンバン叩く丸山に「手、大丈夫ですか?」と心配するなど優しさも見せ、愛される座長の姿がそこにはあった。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon