古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

<初耳学>中島健人&本田翼が語った“成功のジンクス”に「至言!」「そうだったのね…」と反響続々

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2019/07/17 12:24 ザテレビジョン

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢 © MBS 林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

7月14日放送の「林先生の初耳学」(TBS系)では、林先生の新コーナー「3分でわかる!林先生のベストセラー学」が初登場。アイドル業界の裏側を取り上げた同企画にちなみ、スタジオゲストの中島健人が“デビューのジンクス”を明かすなど人気者たちが“ジンクス”を語り、視聴者の注目を集めた。

林先生が元SDN48大木亜希子を絶賛!

林が注目した書籍の魅力を探る「―ベストセラー学」。第1回では、元SDN48メンバーで現在はフリーライターとして活躍する大木亜希子さんの著書『アイドル、やめました。 AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)が取り上げられた。

書籍の内容もさることながら、林の心をつかんだのは大木さんが林にしたためた2通の手紙。1通目は林が編集者に「彼女、文章がうまいね」とメッセージを送った2日後、2通目はインタビューの2日後に編集者を通して手渡されたという。

「すぐ『林先生に渡してください』と書いた行動力」「(インタビューが)終わってすぐ、感謝の意を込めて書く。この行動力を見たときに、大木さんはこれからの社会で人びとの心をグッとつかんでやっていける人だな、僕も応援したいなと思いました」ときっちり3分で語った林に、スタジオからも「読みたくなった!」という声が上がった。

中島健人の“胃が痛くなる案件”とは?

そんな同コーナーで注目を集めたのが、中島の語った“ジャニーズJr.のジンクス”。

アイドルグループ内での競争の話題から、千原ジュニアが「ジャニーズはどうなの?」と中島に直球質問を投げかけたのだ。

中島は「ジャニーズめちゃめちゃ(競争が)厳しいですね。毎年ちょっと“胃が痛くなる案件”があって。『MYOJO』って雑誌の『恋人にしたいJr.大賞』ってあったんです。そこで1位を取るとほぼデビュー確定なんですよ」とジャニーズJr.内でささやかれていたジンクスを告白。

実際、中島は同企画で2011年、2012年と連覇。そして同時期にデビューを果たしている。番組でも「MYOJO」(2012年3月号)で中島健人がV2を果たした際の誌面が映し出され、スタジオからは「すごいなー!」と驚きの声が上がった。

本田翼がオーディションで欠かさないアイテムは…

また、この日はアニメーション映画「天気の子」(7月19日公開)で声優を務める本田翼と森七菜もゲストで登場。森が地元・大分で家族と食事中にスカウトされたことや、オーディションにめっぽう強くデビュー半年で4作品に出演を決めたことなどが紹介された。

すると、澤部佑が「何かあるの?(オーディションに勝ち抜く)コツは?」と唐突に質問。これに思わず吹き出してしまった森をフォローするように、本田が自身の思う“オーディションを勝ち抜くジンクス”を披露!

「白いTシャツですよ!白いトップスを絶対着ていくべきっていうのが私の中でジンクスで。清潔感をなるべく出せるような…『無垢です!』っていう」と明かし、スタジオを沸かせた。

中島、本田が続けて自身のジンクスを披露したこの日の放送は、SNSでも「けんてぃーの“胃が痛くなる案件”めっちゃ興味深い!!」「胃が痛くなる…けんてぃー、そうだったのね…それでも結果を出すのがすごい」「オーディションは白シャツで。さすが透明感の翼ちゃん」「オーディションは白トップスでってつばさちゃんのジンクス、至言だと思う」といった声が上がり、注目を集めている。

7月21日の「林先生の初耳学」は休止。次回は7月28日に放送する。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon