古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

前作から3年「下町ロケット」待望の新シリーズが始動【秋ドラマ人物相関図(日曜ドラマ編)】

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2018/10/14 08:00
© KADOKAWA MAGAZINES 提供

10月に入り秋ドラマが続々とスタート! 日曜放送から「下町ロケット」(TBS系)、「今日から俺は!!」(日本テレビ系)をピックアップ! その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。

■ 阿部寛主演の人気新シリーズが始動「下町ロケット」

 池井戸潤の人気シリーズを阿部寛主演でドラマ化し、2015年に大ヒットした「下町ロケット」。前作から3年、待望の新シリーズがスタートする。

 ロケットエンジン用バルブシステムの開発を成功させた佃(阿部)率いる佃製作所。今やそのバルブシステムは、佃製作所の主力商品となっている。だが、取引先の帝国重工の社長交代により、ロケット開発計画中止のピンチに。さらに追い打ちをかけるように大口取引先の農機具メーカーの取引も削減を告げられ、佃は危機感を抱く。そんな中、父親が倒れ、実家に戻った殿村(立川談春)を見舞うために、佃は殿村の実家へ。そこで、トラクターを運転する殿村を見た佃はあることを思い付く。(第1話)

■ 新メンバーのイモトアヤコ、緊張の現場!

今回、新メンバーとしてイモトアヤコがドラマに参戦。「『下町ロケット』が大好きだった」というイモトは初めは緊張した面持ちだったが、阿部や福澤監督と話すうちにリラックス!

■ ツッパリ高校生コンビが大暴れ!「今日から俺は!!」

 累計発行部数4000万部超の大ヒット漫画を初の連続ドラマ化。1980年代を舞台に、“ツッパリ”高校生コンビが織り成す学園コメディー。脚本・演出は福田雄一。

 さえない高校生の三橋(賀来賢人)は、軟葉高校への転校を機に金髪にし、ツッパることを決意。転校初日、三橋はもう一人の転校生・伊藤(伊藤健太郎)が自分と同じく転校を機にツッパりだしたことに気付き、目の敵にする。しかし、不良グループ10人相手のけんかで共に戦い、運良く勝った三橋と伊藤は意気投合。相棒となることを約束する。後日、三橋らは、うわさを聞き付けた成蘭高校の京子(橋本環奈)と明美(若月佑美)から、学校に絡みに来るしつこい男たちを追い払ってほしいと頼まれる。(第1話)

■ 賀来らが「男の勲章」を熱唱!

本作の主題歌が1980年代にヒットした「男の勲章」に決定し、オープニングタイトルバックのために賀来らが“今日俺バンド”を結成。賀来は「歌あり楽器あり踊りありでとても斬新です!」

■ 「主婦カツ!」

専業主婦の夏子(鈴木保奈美)は、夫が会社を辞めたことを機に就職活動を開始。就活の厳しい現実を知った夏子は、偶然訪れたスーパーマーケットのタイムセールで意外な力を発揮する。

■ 連続ドラマW「パンドラⅣ AI戦争」

井上由美子が描く、社会派ドラマシリーズの最新作。医学者・鈴木哲郎(向井理)は、医学界を根底から覆す画期的な医療用AIを開発。だが、AI診断を行った患者の死亡例が発生してしまう。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon