古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松田龍平の衣装ポイントは役柄とは裏腹の「柔らかく人が入り込みやすいようなイメージ」

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2018/10/13 15:00
© KADOKAWA MAGAZINES 提供

簡単には本音が言えず、感情的に溺れることもできない。そんな男女が傷つきながらも自分らしく歩みだしていく、大人のラブ(かもしれない)ストーリー「獣になれない私たち」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。

一見感じが良さそうだが、実は毒舌で女性にモテる敏腕会計士・根元恒星を演じる松田龍平の衣装スタッフ・齋藤ますみ氏に、衣装のこだわりなどを聞いた。

■ 松田龍平の衣装は「ほぼ茶系」

――女性にもてる恒星ですが、どんなところを工夫されましたか?

柔らかいイメージにしたくて、茶系を取り入れようと思いました。京谷(田中圭)とは対比させたかったので、割とグレーや紺などの固いイメージの京谷に対し、(恒星は)柔らかく人が入り込みやすいようなイメージにするため、ほぼ茶系でまとめました。

黒やグレー、紺もあるのですが、全体的にあまりスーツのようなカチッと感はなく、本当は冷めた人なんですけれど、外見だけは入り込みやすいイメージにするため、全てがかっちりした服装は避けました。

――生地の素材にこだわりはありますか?

季節感は出そうかなと思っているので、冬はツイードでしたり、ニットも徐々に厚めにしてみたりでしたり、いろいろと考えています。結構、(服装)かわいいんですよ(笑)。それでいて色気があり、松田さん独特の雰囲気も出ています。

松田さんからニットやスーツに「いいね」と言っていただけて、上下ウールの衣装も気に入っていただけました。

■ 松田龍平の衣装は“きちっと緩い”!?

――松田さんなりの良さを出すとしたら、一番はどこですか?

“きちっと緩い”というところです。松田さんがぴったりした服を着ていても、松田さんは柔らかさを持った人なので、緩さがどこかにでるんです。緩くなりすぎないように、少しかっちりしたものと合わせてちょうどいい緩さを表現しています。

――会計士・税理士という役柄をうまく表現したポイントなどはありますか?

会計士・税理士の方で、実際の方を調べました。デニムにシャツで仕事をされている方もいて、とにかくたくさん調べました。助監督さんに見つけていただいた、今回監修の先生として入っていただいている方も参考にしています。(ザテレビジョン)

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon