古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高橋一生、10月新ドラマで民放GP帯連ドラ初主演 変わり者の大学講師に

クランクイン のロゴ クランクイン 2018/08/03 06:00 ハリウッドチャンネル株式会社
新ドラマ『僕らは奇跡でできている』に主演する高橋一生(C)カンテレ © Hollywood Channel 提供 新ドラマ『僕らは奇跡でできている』に主演する高橋一生(C)カンテレ

 俳優の高橋一生が、10月スタートの新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めることが発表された。本作で民放ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演を果たす高橋は、座長として臨む本作について「あくまで作品の1ピースなので、これまで通り作品と作品作りの現場を大事にしていきたいと思っています」と語っている。

 本作は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師・一輝(高橋)を主人公に、偏見や先入観にとらわれることのない彼の“毎日を心豊か”に過ごす自由な生き方が、周囲の人々に影響を与えていく様子を描いていく。『僕の生きる道』シリーズや『フリーター、家を買う。』の脚本を手掛けた橋部敦子が完全オリジナルストーリーに挑む。

 相河一輝は、大学で動物行動学を教えている。彼は大好きな動物や生き物のことに没頭してしまう性格ゆえ、ルールを守ることができず、職場では叱られる毎日。さらに面倒だと思うことを先送りしてしまう癖もあり、時間を守ることも苦手だ。
 
 そんな一輝の授業は、時に学生たちを困らせてしまうが、その一方で“常識や固定観念にとらわれず、ユニークなものの見方をする”彼に、自らの価値観を大きく揺さぶられる学生も。周囲の人々は一輝の言動から、純真無垢な気持ちを思い出していく…。

 主人公・一輝を演じる高橋は「“自分の世界を大事にしているところ”が似ていますし、とても興味深い世界観なので嬉しく思っています」と一言。さらに「現代では、“足りない”という感覚が、多くの人達を突き動かしているように感じます。一輝は、そういったものから少し外れている人間です」と役柄を分析。そして「この作品は彼の成長譚ではなく、彼の生き方を通して“足りている”という豊かな気持ちを、僕自身改めて気付き直していきたいです」と語っている。

 ドラマ『僕らは奇跡でできている』は、カンテレ・フジテレビ系にて10月より毎週火曜21時放送。

クランクインの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon