古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

麒麟がくる:「笑ってはいけない明智家」全員アウト~! バテレン服の光秀、熙子役・木村文乃は“反論”

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2020/12/30 18:35 MANTAN Inc.
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第38回の一場面 (C)NHK © MANTANWEB NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第38回の一場面 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第38回「丹波攻略命令」が12月27日、放送され、光秀(長谷川さん)のバテレンの装いに明智家の面々が笑いをかみ殺すシーンが登場した。

 SNS上では、大みそか恒例の年越し番組「絶対に笑ってはいけない」(日本テレビ系)シリーズになぞらえ、「絶対に笑ってはいけない明智家w」「数日早く、笑ってはいけない明智家」「デデーン!」「全員アウト~!」などと盛り上がった。

 光秀の妻・熙子役の木村文乃さんはドラマの公式ツイッターで“反論”。同シーンを振り返り、「バテレンの装いで照れながらも堂々と立っている十兵衛様を見て、みんなは笑いをこらえていましたが、私はすてきだなと思ったので、どうしてみんな笑うのか、今も納得していません(笑い)」と明かした。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。ドラマは残り6回で、最終回は2021年2月7日に迎える。

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon