古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国Eコマースの祭典「618」を見据えるアリババの動き

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2020/06/07 06:00 Yue Wang

© Forbes JAPAN 提供 中国で11月11日の「独身の日」に次ぐEコマースの祭典として知られるのが「618」のセールだ。アリババに次ぐEコマース大手の「JD.com(京東)」の創業を祝う6月18日のイベントは2010年に始まり、今では多くの競合が参加する催しとなった。

JD.comや新興勢力の「拼多多(ピンドォドォ)」の追い上げに直面するアリババは、この日に向けた準備を進めている。ニューヨーク市場に上場するアリババの株価は今年に入り、5.6%の下落となっている。一方で、JD.comとピンドォドォの株価はそれぞれ44%と62%も上昇している。

アナリストらはアリババの売上の伸び悩みを指摘しているが、同社は618の売上で競合を圧倒したいと考えている。上海の調査企業Pacific Epochのアナリストは「競争は激化している」と話した。

アリババは5月中旬に、618のセールに向けて100億元(約1530億円)の割引きクーポンを用意すると宣言し、29日にはさらに追加で40億元を投じるとアナウンスした。同社は6月18日に100人近くのセレブが参加するライブイベントを開催する計画だ。

アリババが先週発表した今年の第1四半期の売上は、前年同期比22%プラスの161億ドルだった。同社は2020年通期の売上見通しを前年比27.5%増の910億ドルとしたが、これはアナリスト予想の923億ドルを若干下回った。

同社は新型コロナウイルスのパンデミックが中国経済にダメージを与えると予想し、通年の業績見通しを引き下げた。しかし、投資家たちが懸念するのは、同社を取り巻く競争環境の激化だ。

JD.comは直近の1年で利用者人口を25%拡大し、3億8740万人まで伸ばしており、今期の売上も予想を上回ると述べている。JD.comは自社の流通網を確保している点を強みとし、パンデミック以降に急速にオンライン売上を伸ばしている。

一方で、ピンドォドォは地方のユーザー向けに割安なアイテムを提供し、アリババを上回るペースで拡大を遂げたと深センの調査企業Blue Lotusのアナリストは話す。創業5年のピンドォドォの利用人口は、直近の1年間で42%増加し、6億2800万人に達している。

アリババは覇権を保てるのか?

アリババの利用人口は現在7億2600万人だが、競合との差は縮まりつつある。中国経済が減速する中で、消費者はより安価なアイテムを求めており、調査企業Jefferiesはピンドォドォの売上が今年62%伸び、487億元に達すると予想する。

アリババは先日の決算発表で、パンデミック以降に人々が自宅の滞在時間を伸ばし、マスクを着用するようになったため、アパレルや化粧品の売上が低下したと述べた。しかし、その一方で生鮮食品や電気製品の売上が伸びているとも話した。

同社の幹部によると3月から4月にかけて売上は回復し、現在では昨年12月の水準まで回復しつつあるという。

Pacific Epochのアナリストは、アリババが今後、競合との戦いに向けてマーケティング費用を増やすため、短期な利益率は低下すると述べた。しかし、長期的にはアリババの覇権は続くとの見通しを示している。

ピンドォドォが直近の利益を度外視して、拡大を目指しているのに対し、アリババは強固なビジネスモデルを築いているとPacific Epochは分析した。

一方で上海の調査企業86 Researchは、高級ブランドのEコマースへの注力への流れが、今後のアリババの売上を押し上げると予測する。アリババのTモールは、ブランドが新商品を立ち上げる場として定着しており、同社は有料のプロモーション枠も提供している。

「この分野では競争が激化し、アリババがプレッシャーを受けているのは確かだ。しかし、同社のEコマース事業は中長期的には堅調な業績を維持できる見通しだ」と、86 Researchは述べている。

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon