古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

捻って頭を膝につけるポーズ

さまざまな角度からの画像 : Revolved Head To Knee Pose ビデオ
さまざまな角度からの画像 : Revolved Head To Knee Pose ビデオ
さまざまな角度からの画像 : Revolved Head To Knee Pose ビデオ
さまざまな角度からの画像 : Revolved Head To Knee Pose ビデオ
さまざまな角度からの画像 : Revolved Head To Knee Pose ビデオ
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 1
1 ステップ 座位の状態から始めます。
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 2
2 ステップ 左脚を伸ばし、右足の裏を左ももの内側につけます。
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 3
3 ステップ 上半身を左に傾け、左の上腕を放してすねの内側の床につけるように置き、腕とすねを一直線にして、手の平は上に向けます。
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 4
4 ステップ 息を吸いながら右腕を天井に向けて伸ばし、吐きながら上半身を左に傾けます。ここで呼吸します。
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 5
5 ステップ 脚までまだ距離があれば、右手で右足の外側を掴み、左手を右足の内側に添えても構いません。
捻って頭を膝につけるポーズ : ステップ 6
6 ステップ ここで3回深呼吸します。息を吸い込むときに背骨を伸ばし、吐くときには胸を天井に向かって開きます。

プログレッション&バリエーション

初心者向けヒント

柔軟性が得られるまでは、手で足を掴めなくても心配する必要はありません。それよりもむしろ、脇腹を使ってスペースを作り、脇腹を伸ばすことに集中しましょう。

ヒント

肩、背中、ハムストリングに疾患のある方、または下痢を患っている方にはお勧めしません。

効果

上半身、胸、肩、ハムストリング、股関節を開きます。このポーズを取ると、より深く呼吸をすることが出来ます。

応用

このポーズが完璧にできたら、さらに深く捻じるため、下の方の手で曲げた膝を掴むことで、さらに胸を捻じりましょう。

関係するエクササイズ

image beaconimage beaconimage beacon