古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

寝る時は横向きそれとも仰向き?:寝る姿勢と脳の関係

The Daily Digest ロゴ 作者:Zeleb.es The Daily Digest | 16 枚のスライドの 1 枚目: げっ歯類を対象にした『The Conversation』の研究で、横向きで寝ることはアルツハイマー病、筋萎縮側索硬化症(ALS)、パーキンソン病などの神経変性疾患から脳を守る働きがあることが判明した。一方、うつぶせや仰向けで寝ると神経変性疾患を引き起こす可能性があるという。

寝る時の姿勢が脳に与える影響

げっ歯類を対象にした『The Conversation』の研究で、横向きで寝ることはアルツハイマー病、筋萎縮側索硬化症(ALS)、パーキンソン病などの神経変性疾患から脳を守る働きがあることが判明した。一方、うつぶせや仰向けで寝ると神経変性疾患を引き起こす可能性があるという。

© The Daily Digest

Más de THE DAILY DIGEST

image beaconimage beaconimage beacon