古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

脳低酸素症

Healthline 2012/07/25 16:00 チトラー・バディ氏およびメリジェーン・レナード氏

概要

脳低酸素(cerebral hypoxia)とも呼ばれる脳低酸素症は、脳内の酸素濃度の低下した状態を示します。この病状はおぼれたり、喉を詰まらせたり、息が詰まったり、また心臓が停止した場合はリスクが高まります。脳低酸素症の他の原因は脳損傷や一酸化炭素中毒を含みます。脳細胞が正常に機能するためには途切れない酸素の流量が必要なため、この疾患は深刻な場合があります。

原因

脳低酸素症につながる可能性のある酸素の流量を妨げる疾患や病状には様々なものがあります。脳卒中や心臓停止、また不整脈や酸素のみではなく、栄養素が脳に届けられることを防ぎます。

その他の酸素欠乏の原因は次を含みます:

  • 低血圧症(極低の血圧)
  • 手術中の麻酔の合併症
  • 窒息
  • 一酸化炭素中毒
  • おぼれる
  • 一酸化炭素、または煙を吸い込んだ場合
  • 高高度への旅行(2438メートル以上)
  • 脳損傷
  • 絞首
  • 十度なぜん息発作など、呼吸困難を起こす疾患

リスク

脳低酸素症が発症しやすい環境にいる場合、脳低酸素症のリスクは高まります。日常生活が脳低酸素症の発症の原因に関連している場合、リスクは高まります。

スポーツや趣味

ボクシングやアメリカンフットボールなど、頭の損傷が多くみられるスポーツをする人の脳低酸素症の発症のリスクは高まります。水泳やダイビングなど、水中で長く息を止める人も脳低酸素症の発症のリスクが高まります。また、登山者も脳低酸素症の発症のリスクが高まります。

その他の症状

脳に運ばれる酸素の量が制限される疾患を患う患者脳低酸素症の発症のリスクは高まります。こういった疾患は次を含みます:

  • 脳や脊髄の神経を影響する変性疾患、筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 低血圧症
  • ぜん息

症状

症状は軽いものから重度のものまであります。軽い症状には次のものがあります:

  • 一時的な記憶障害
  • 身体を動かす能力の低下
  • 気を配ることに困難を覚える
  • 正しい判断を下すことに困難を覚える

重度の症状は次を含みます:

  • 発作
  • 昏睡状態
  • 呼吸をしていない
  • 脳死

診断

医師は患者の症状や最近の活動、また病歴を観察することで脳低酸素症を診断します。脳低酸素症の診断の過程には身体診察や検査が含まれます。検査には次のものがあります:

  • 血液検査では、血液中の酸素量を示します。
  • 磁気共鳴映像法(MRI)スキャンは頭の詳細画像を作り出します。
  • コンピューター断層撮影は、頭の3次元画像を作り出します。
  • 心臓の写真を撮り(心エコー図)、電気的活動(心電図)を測定します。
  • 脳電図(EEG)では、脳の電気的活動を観察し、発作の正確な位置を示すことができます。
  • 脳幹聴覚誘発反応(BAER)は、脳が音にどう反応するかを明らかにします。

治療

脳低酸素症は、脳への酸素を復元するために迅速な治療を必要とします。

治療方法の判断は疾患の重度により異なります。例えば、登山などが起因となった軽い脳低酸素症では患者は早急に高度が低い場所へと戻ります。より重度な症例では、レスピレーター(人工呼吸器)を用いる緊急治療が必要になります。

心臓がサポートを必要とする場合もあります。血液製剤や静脈内輸液を投与される場合もあります。

緊急治療を受けることで脳損傷のリスクを低めることができます。

薬剤

血圧の異常およびまたは心拍数をコントロールするために薬剤を投与される場合があります。治療は発作を制御する薬剤や麻酔薬を含む可能性もあります。

今後の見通し

脳低酸素症からの回復大部分は脳が酸素を与えられなかった時間の長さによって異なります。脳低酸素症の重度によって、回復は不眠症や幻覚、記憶喪失、また筋けいれんなど、いつかは回復する問題が伴う可能性があります。脳の酸素濃度が時間異常低い状態が続いた場合の展望は低いものです。そのため、重度な頭部損傷を受けた患者は、損傷を受けた直後は脳に十分な酸素が届いているか確認するため、病院でモニタリングされます。

予防

特定の健康状態に注意を払うことで脳低酸素症を防ぐことができます。これらの例は、血圧が低い場合は医師に相談すること、また、ぜん息を患う場合は吸引具を身近に置くなどを含みます。高山病になりやすい場合は高高度へ行くことは避けましょう。突然、酸欠状態に陥った場合(例えば火事が起きた場合など)すぐに心肺機能蘇生(CPR)を行うことで症状の悪化を防ぎます。

image beaconimage beaconimage beacon