古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

業績急回復中の三菱商事と三井物産、就職人気では逆転劇も

マネーポストWEB のロゴ マネーポストWEB 2019/12/30 07:00
三井物産のLNG運搬船(写真:時事通信フォト) © マネーポストWEB 提供 三井物産のLNG運搬船(写真:時事通信フォト)

 戦前の財閥時代から連綿と続く三菱グループと三井グループの争い。グループを支える柱のひとつである「商社」は、2016年に資源価格の暴落で三井物産、三菱商事ともにまさかの最終赤字に転落したが、現在は両社とも業績が急回復している。

 三菱商事は2019年3月期決算で過去最高益を更新した。三井物産は減益だったが、現在は金属関連の事業が好調で、来期予想では8期ぶりとなる最高益更新を見込む。

 両社の判断が分かれるのはエネルギー事業だ。

「ロシア企業が進める北極海の液化天然ガス(LNG)開発事業について、三井物産は参加を表明し、三菱商事は当面の見送りを決めました。一方で三菱商事は再生エネルギーに強いオランダの電力大手『エネコ』を11月に買収しました。エネルギー事業は当たり外れが大きいだけに、どちらの判断が吉と出るか興味深い」(商社関係者)

 商社といえば大学生の就職ランキングで人気上位の常連だが、ここでも“逆転劇”が起きた。

 就職情報会社ダイヤモンド・ヒューマンリソースが2019年に就職活動をしている大学生・大学院生に聞いたところ、三井物産が男女の文系・理系でいずれも1位になる「4冠」を、1978年の調査開始から初めて達成した。昨年まで1位だった三菱商事は2~10位だった。

「今、就活市場や若いビジネスマンの間では、三井系の人気が上がっている。安定した環境で大きな仕事にチャレンジできるところが魅力的に映るようだ」(経済誌記者)

 地味ながらも堅実な売り上げがある「倉庫」でも逆転が生じた。長年、業界のトップは三菱倉庫だったが、2010年代に三井倉庫ホールディングスがM&Aによる拡大路線を推し進め、2016年に初めて首位を奪取。以降も業界トップに君臨する。

 ただし、三菱も見劣りはしない。三菱倉庫はこの10年間、100億~130億円の営業利益を続ける超優良企業だ。「寮費月5000~1万円で水道光熱費は会社負担」「外国語教習や海外業務研修が充実」などの企業姿勢が高く評価されて、企業口コミサイトの「キャリコネ」が2019年10月に発表した「物流・倉庫業界のホワイト度が高い企業ランキング」では、2位の三井倉庫を抑えて堂々の1位に輝いた。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

マネーポストWEBの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon