古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アップルの1兆ドル超え、勝者の1人はバフェット氏

The Wall Street Journal. のロゴ The Wall Street Journal. 2018/08/03 10:16 Nicole Friedman, Asjylyn Loder and Tripp Mickle

 米アップルの時価総額1兆ドル(約111兆円)超えは、富裕層や個人投資家に大きなリターンをもたらした。

 特に大きな恩恵を受けた1人が著名投資家のウォーレン・バフェット氏だ。同氏が会長を務める投資会社バークシャー・ハザウェイはアップルの第2位株主で、株式保有比率は約5%となっている。

 バークシャーがアップル株を初めて取得したのは2016年1-3月期(第1四半期)で、当時の取得額は約10億ドルだった(ファクトセット調べ)。1株当たりでは99.02ドルと、現在の株価の半値にも満たない。

 ファクトセットやバークシャーの届け出によると、バークシャーはその後、アップル株を着実に買い増し、18年1-3月期までに300億ドル超を投じた。

 バークシャーが3月末時点で保有する株式のうち最大の割合を占めるのがアップル株で、2日の株価に基づく評価額は500億ドル近くとなる。

 バフェット氏はかつてIT(情報技術)企業への投資を避けてきたが、アップルについてはブランド力の強い小売企業だとして高く評価している。

 アップル株はミューチュアルファンドやETF(上場投資信託)の間で幅広く保有されているため、同株で利益を得た投資家は他にもたくさんいる。

 米ミューチュアルファンドおよびETFのアップル株保有数は約11億株で、保有比率は約21%となっている(モーニングスター調べ)。現在の評価額は約2200億ドル相当に達する。

 ETFの中でアップル株保有数が最大なのは「SPDR・S&P500ETF」の5580万株(2億7400万ドル相当)。ETFドットコムによれば、保有比率が最も高いのは「iシェアーズ米国テクノロジーETF」で、アップル株の組み入れ比率は約17%となっている。

 一方、アップルの大株主には、バンガード・グループ、ブラックロック、ステート・ストリートなどのインデックスファンド運用大手が名を連ねている。ファクトセットによると、筆頭株主はバンガードで、保有数は3億4200万株を超える。3社を合わせた保有比率は約16%で、数十本のミューチュアルファンドやETFで運用されている。

Warren Buffett wearing a suit and tie © Provided by The Wall Street Journal.

 アップルの創業時からの株主も大きな利益を得ている。こうした株主は同社が1990年代半ばに倒産寸前になった時も見捨てなかった。

 初期のアップル製コンピューターの販売会社に勤めていたマーク・コグリン氏は、1980年の株式公開時にアップル株を約1000株取得し、81年に買い増した。その後の株式分割を考慮した当時の購入額は約0.51ドルだったという。

More from The Wall Street Journal

The Wall Street Journal.
The Wall Street Journal.
image beaconimage beaconimage beacon