古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界が認めた川越発クラフトビール誕生秘話

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2019/09/01 12:00 Forbes JAPAN | magazine

© atomixmedia,inc 提供 小規模な醸造所で、職人が手塩にかけてつくるクラフトビール。品質が高く、個性豊かな味わいを楽しめることから世界中の大人を魅了している。国内でも近年、多くのメーカーが参入しているが、日本発クラフトビールの先駆けとなったのは、業界大手ではなくスモール・ジャイアンツ。そのひとつが、埼玉県川越市を本拠地とする協同商事である。

モンドセレクション最高金賞受賞、ヨーロピアン・ビア・スター金賞受賞、ワールド・ビア・カップ・シルバーメダル獲得──2006年のブランドリニューアル以来、Made in Japanのクラフトビールとして確固たる地位を築いてきた「COEDO(コエド)ビール」。世界20カ国で愛飲される銘酒をつくるのは、誰もが知る巨大企業ではない。協同商事のビール事業部「コエドブルワリー」の30人だ。 

もともと有機農業野菜の産直卸売からスタートした同社がビールづくりの研究を始めたのは1980年代後半。当時は四大メーカーだけだったビール業界に、わずか数人で参入しようとしたという。代表取締役社長の朝霧重治は、その理由をこう話す。

「創業社長の先代はベンチャー精神旺盛で、農業を盛り上げたいと考えていました。有機農業の産直卸売は当時、先進的な取り組みでしたが、それだけでは一次産業の枠を超えられない。しかし、良質な素材を加工して丁寧なものづくりをすれば、農業はもっと面白くなる。その答えがビールだったんです」  

同社がビールの原料として目をつけたのは、形などの理由で販売できず、収穫量の4割が廃棄されていた規格外品の川越芋だ。94年、酒税法が改正され小規模でのビール製造が可能になると、全国各地で”地ビール”が誕生し、協同商事も96年にサツマイモを使った「小江戸ビール」を発売。翌年には本場ドイツからブラウマイスターを招聘し、5年間かけてビールづくりの職人技を直接学んだ。  

観光の土産物として地ビールの人気に火がつくと、一時は生産が追いつかなくなるほど売れた。そこで工場に大規模投資をした。しかし、そのブームは数年で終焉を迎えてしまった。  

© atomixmedia,inc 提供

2016年9月にオープンした東松山市の「COEDOクラフトビール醸造所」。

食品業界は参入障壁が低いが、日本にはビールづくりを学ぶ場がない。多くの業者が知識とノウハウのないままに事業を展開したため、地ビールには「クセが強い」「単なるご当地もの」というイメージがつきまとった。そのうえ価格も高い。結果として、観光客はおろか、地元の住民からも相手にされなくなるケースが続出したのだ。

「私が副社長に就任した2003年、ビール事業は利益がなくて、市場環境も最悪。一時は撤退も考えました。しかし、やり方を変えればもっと面白くできると信じて覚悟を決めました」  

それには理由がある。協同商事は、事業の出発時からビールづくりを科学的にとらえて研究を重ね、ドイツから伝承した技術に、良質な素材の仕入れルート、十分な設備も有していた。地ビールでありながら、確かな品質。駐日ドイツ大使館が主催するパーティでの御用達として「小江戸ビール」を使用していたことは、それが事実だと証明していた。

地ビールからクラフトビールへ

課題は、地ビールのイメージをいかに払拭するか。抜本的にやり直す必要を感じた朝霧は、「小江戸ビール」全商品の終売という大きな決断をする。そして新たに「クラフトビール」という概念を提案したのだ。デザインも都会的で上質さを感じられる「COEDOビール」に全面リニューアルした。

「本質を見つめ直しました。ビールには、小規模な醸造所で職人がつくりだす上質で豊かな味わいがあって、海外では昔から地域の人たちに愛されてきました。豊かな食文化としてビールの面白さを伝えようと思ったんです」  

日本的な繊細さとバランスを兼ね備えたコエドは高評価を受け、世界の賞を次々と受賞。この実績を武器に、国内でもプレミアムビール市場の立ち上がりとともに販路を拡大し、地元川越はもとより、全国にファンを増やしていった。  

© atomixmedia,inc 提供

朝霧は現在、醸造所の見学ツアーやビール祭りなどのイベント、異業種とコラボレートした新商品の開発も手がけている。すべては「ビールの面白さを知ってもらうため」。そう語る彼の名刺には「ビール伝道士」の肩書がある。

「この地でないとできないもの、我々でなくてはできないことに価値がある。目指すのは、100年後も地域の人たちに愛される存在です」

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon