古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界初「宇宙ゴミを網でキャッチ」した英国研究者たち

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2018/09/29 07:00 Brid-Aine Parnell

© atomixmedia,inc 提供 イギリスで開発された衛星が、世界で初めて宇宙ゴミを網で回収することに成功した。

衛星「RemoveDEBRIS(リムーブデブリ、デブリ除去)」を開発するサリー宇宙センターが率いる宇宙関連のコンソーシアムが9月19日、世界初の宇宙ゴミ回収技術の実証実験の様子を動画で公開した。

「網を利用した技術の実験結果に非常に満足している」とサリー宇宙センター代表のGuglielmo Aglietti教授は声明で述べている。

「宇宙空間でネットを使って宇宙ゴミを回収することは簡単なアイデアのように思えるが、サリー宇宙センターとエアバスなどのパートナー企業が数年を費やし、やっと実現した。これはとてもエキサイティングなことだ」

網による宇宙ゴミの回収は、RemoveDEBRISが今後数カ月で行う実証実験の一部だ。ほかにもカメラやLiDaRセンサーを使って宇宙ゴミを分析・観測する技術や、軌道上で初めてハープーン(もり)を使った回収も試される。

今回行われたデモで、網と宇宙ゴミのダミーとして放たれた箱は、大気圏に落下させて燃え尽きさせる。しかし今後は網をゴミ清掃衛星に取り付けてゴミを回収できるようにするという。

古くなった衛星などの宇宙ゴミは大きな問題になりそうだ。アメリカの宇宙監視ネットワーク(Space Surveillance Network)がトラッキングしている宇宙ゴミは4万にも上り、7600トン以上のゴミが地球の周りを回っているという。その中にはロケットの切り離しや故障した衛星などのほかに、小さな塗料の粒などもある。しかし、小さなゴミでも宇宙では危険な存在だ。

宇宙ゴミが大きな被害を与えた事例はこれまでないが、宇宙船や衛星、そして船外活動を行う宇宙飛行士に危険を及ぼす。大きなものは大気圏に突入しても燃え尽きず、地表に降ってくる可能性もある。

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon